日本はどちらの道を選ぶのか? ( 2007年01月25日 )

オンラインカジノやオンラインポーカーやオンラインスポーツブックなどのオンラインギャンブルについて、各国政府が選べる道は三つあります。

放置、認可、禁止です。

言うまでもなくアメリカは昨年10月に禁止の道を選択しました。

イギリスは逆に認可という方法をとっています。政府が運営ライセンスを出した上で、運営者から税金をとっていくかわりにプレイヤーを守る仕組みを作るということです。

EU内でも選択は分かれています。フランスのように禁止の方向に向かっている国と、逆にイタリアのように認可を選んだ国があります。

日本はどうするのかな、と思っていたのですが、最近面白いことを知りました。

昨年10月に、イギリス政府の主催でThe International Summit on Remote Gamblingという、オンラインギャンブルについての政策を話し合う国際サミットが開かれました。

そのサミットには33ヶ国が参加したのですが、日本も入っていたのです。

アジアからは日本とシンガポールだけです。

日本ではカジノ合法化論議でもオンラインカジノについての議論は置き去りになっているので、てっきり誰も考えていないと思っていたのですが、政府は関心を持っているということですね。

私は、ランドカジノを合法化するならオンラインカジノもきっちり合法化して、政府の認可に基づいて運営免許をあたえるような仕組みを作ったほうがいいと思っています。

禁止して地下にもぐってしまったら、禁酒法下の悪質な密造酒で多くの人が命を落としたのと同じようなことになるでしょう。

いずれにしても、曖昧な放置状態というのは長くは続かないのかなという気がしました。



コメント

もしパチンコ、スロット業界が本当に権力をもっているなら、

なぜもっとギャンブル性の高い台が出てこないのでしょうか?

本当に権力を持っているなら、オンカジが日本で解禁されても、それより面白い機種を作ればいいだけです、

パチンコより”デカイ役”のギャンブルが自宅でいつでもできるという状況がまずいのは明らかです。

そんなギャンブルを国が認めてしまったら、『自己責任』どころではなくなってしまいます。

by リチウム69 ◆qNbXyPwgYg : 2007年02月07日

リチウムさん
>パチンコ並みに安全ではないでしょうか?

日本で「パチンコ・スロット」中毒者を生み出す環境を見れば、「パチンコが安全」とは口が裂けても言えませんよ。

危険度というのは「いくら“しか”使えない」という問題ではないと思いますが。

無論、オンカジ中毒・ギャンブル中毒について否定はしません。

私の比較のしかたが悪かったですね。

by ボンクラ : 2007年02月06日

日本でも是非カジノを認可して欲しいと思います。
ただ日本はパチンコ・スロットが強いですからね。

カジノが認可されると不利益をこうむる人達が権力を握っているから
なかなか認可されないんでしょうね。

日本に外貨を落とす為にも、
お隣韓国のような、
「外国人はカジノで遊んでも良い」
みたいな形からカジノを認可してくれればいいんですけどね。

by ざぶとん : 2007年02月04日

>オンラインカジノが日本における「パチンコ・スロット」に比べてそれほど危険なギャンブルとは思えないんですが……?

パチンコで、開店から閉店まで打ちっぱなしで一度も当たらなかったとして、

いくら”しか”使えないか知っているんですかねぇ?

オンカジの営業時間を18:00~24:00まで、
BJ、ルーレットのMAXBETを1000円、
VPだったら、JOBでMAXコインサイズ25円、ダブルアップなし、
全てのゲームでオートプレイなし、
一日の入金上限額10万円、

くらいに規制すればパチンコ並みに安全ではないでしょうか?

by リチウム69 ◆qNbXyPwgYg : 2007年02月02日

Yさんは、イカサマ議論のところでもそうですが、かなり否定的な意見ですねぇ。
クレカも限定されているし、ネッテラーだって振込即プレイというわけではないし、オンラインカジノが日本における「パチンコ・スロット」に比べてそれほど危険なギャンブルとは思えないんですが……?
むしろ、パチ・スロ中毒者の現状の方が国内では相当問題だと思いますね。
日本でのオンカジが潰される(禁止法という観点で)としたら、そうしたパチ・スロ業界の圧力が大きいと思います。この業界は相当…アレ…ですからねぇ笑

by ボンクラ : 2007年02月01日

9月より、英国ではいわゆるオフショアのオンラインカジノの広告が禁止となる。税金、規制等が出来ないないカジノの運営は駄目ということらしい。
Online gambling companies based outside Europe and Gibraltar will have to apply to the government if they want to advertise their products in the UK when the activity is legalised on September 1.

by KO : 2007年01月31日

法的に合法・違法は別としてランドにせよ、オンラインにせよプレーする場合は、プレーヤーの責任でやるという自覚が必要です(ご理解いただいていると思いますが)。所詮、博打です。勝つときもあれば、負けるときもあります。日本でも合法化された場合は、ギャンブル中毒者のカウンセリング等のシステムなども考えてほしいものです。

by pop : 2007年01月29日

私は合法化反対ですね。(というより合法化は絶対ないと思いますが)
やはりオンラインカジノは非常に危険なギャンブルです。

いっぱいお金を稼ぐことができる???

その場合は、いっぱい儲けることができる でしょう。

稼ぐという言い方は、労働してお金を稼ぐ。これだと思いますけどね・・・

by Y : 2007年01月27日

日本のお国柄は米国迎合型ですからね~。
特に国防の点ではそういう傾向があると思えるので、
テロ資金凍結をうたっている米国のオンラインギャンブル規制法に迎合しないとも限りませんね。
個人的にはもちろん、ランド&オンラインの合法化がベストですが、ランドは特区的に認める方向で検討が始まっているようですので、現実的な希望としては、ランドの特区化。
オンラインは現状維持で進んでほしいですね。

追記・沖縄でもランドカジノの賛否を巡って、年度内(4月まで)にも行政機関が本格的な検討をはじめるようです。北海道ではすでにはじまっているとか、、、、、、

by きじ : 2007年01月26日

オンラインも是非合法化して欲しいですね。
夕張をはじめ財政難に苦しんでいる自治体に
営業許可を与えてやれば、地域再生の起爆剤になると
思うんですけどね。

どうでしょうこんな意見?

by GM : 2007年01月26日

日本政府はぜひ、ランドカジノだけではなく、オンラインカジノも合法化した方がいいと思います。ぼくはランドカジノとオンラインカジノ両方とも合法化してもらった方がいっぱいお金を(2000万円ぐらい。)稼ぐ事が出来るからです。

by 新生マン : 2007年01月25日
「 日本はどちらの道を選ぶのか? 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ