都会派は競馬、地方の人はパチンコ? ( 2007年05月09日 )

なかなか面白い調査結果が出ています。

社団法人の中央調査社というところで、「ギャンブルに関する世論調査」という調査を実施し、その結果を発表しています。

ギャンブルに関する世論調査

一番面白いと思ったのは、都市の規模別に分けたときの、人気のあるギャンブルのグラフです。

宝くじについては規模に関係なく同じくらいですが、パチンコ・パチスロは都市の規模が小さいほど多く、逆に競馬については都市の規模が大きいほどファンが多いようです。

オンラインカジノプレイヤーの地域差については、以前アメリカでの調査結果を見たことがありますが、日本はどうなっているのでしょうね?

基本的には大都市の人が多いのではないかという気がしますが、たまに「NETELLERデビットカードがどこの郵便局でも使えるといっても、一番近い郵便局まで1時間はかかるので困る」とか「銀行で受け取るといっても、このあたりには銀行などありません」というメールをいただくこともあります。

なので、おそらく大都市の人に好まれる傾向はあるが、地方の中小都市の人もプレイしているという感じなのでしょうか。

都道府県別の数字については、以前ニュースレターで書いたことがありました。

「あなたはどこの県の人ですか?」
http://www.onlinecasinofan.com/169.php

最近はこういう計測はしていませんが、見てみると変な傾向があったりするかもしれません。



コメント

「 都会派は競馬、地方の人はパチンコ? 」へのコメントはまだありません。

「 都会派は競馬、地方の人はパチンコ? 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ