2010年 イギリスでのギャンブル普及率調査 ( 2011年02月26日 )

日本人のギャンブル好きも定評がありますが、オンラインカジノの本家イギリス人7756人を対象としたギャンブル普及率が発表されました。

イギリスでは適切な賭博法を儲け、重要なビジネスの一つとみなされています。OCFでも紹介しているオンラインカジノの数社はイギリスで上場しているのはご存じのとおりですね。
この統計はUK Gambling Commissionというイギリスの賭博法の下に作られた政府の組織で、オンラインカジノだけではなく、ロトやランドカジノなども管理しています。
なのでかなり信頼性の高いデータだと思います。この調査は今回で3回目となり、過去に1999年と2007年に行われました。 データの量がかなりありますので、かいつまんで一部を紹介します。


*73%の成人(16歳以上)が過去に何かしらの形で賭博を行ったことがある。ギャンブル人口は増加中の傾向。

*一番人気のあるギャンブルは国営ロトであり、59%の成人が国営のロトを買ったことがある。

*国営のロトを買ったことのある人のうち56%はロト以外のギャンブルの経験がある。

*賭博歴のある全体の男女比率:成人男性は75%、女性は71%。
このうちギャンブルの種類別にするとビンゴとスクラッチカードは女性の方が比率が多い。

*14%の成人が、ビンゴ、ロト、スポーツベットなどを含むオンラインギャンブルの経験がある。

*ギャンブルをする理由として挙げられたのは、

1.大金を得るチャンスだと思うから。(83%)

2.楽しいから。(78%)

3.お金を儲けるため。(59%)

4.興奮するから。(51%)


などの以上の結果が出ています。

さすがというか、73%の成人がギャンブル歴あり、というのはイギリスならではですね。
イギリスの人口に照らし合わせると3550万人くらいに相当します。
また女性のほうがギャンブル歴のあるのが少ないとはいえ、男性の比率とそんなに変わりません。

多分イギリスではカジノやビンゴ場などが、一種の社交の場となっているからでしょう。
気軽に女性でもいける環境が整っているのでしょうね。
日本にカジノが出来たら、日本のギャンブル普及率もイギリス並みになるのでしょうか?? この調査書には、ギャンブル中毒などのマイナス点についても調査されておりました。

ギャンブル先進国では、ギャンブルの提供とギャンブルによって引き起こされる問題の対処はワンセットです。 例えば、オンラインカジノでは、各ウェブサイトで"ギャンブルの責任"といったようなページが用意されています。
日本もカジノの合法化が進むのは誠に良いのですが、そっちだけに注力して片手落ちにならないようにしてほしいものです。




コメント

「 2010年 イギリスでのギャンブル普及率調査 」へのコメントはまだありません。

「 2010年 イギリスでのギャンブル普及率調査 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ