ゲーム仙人

  • ゲームレビュー 「WHEN PIGS FLY!」 by ゲーム仙人

    ■ WHEN PIGS FLY! 今回のNetEntスロットは『WHEN PIGS FLY!』じゃな。 「豚が飛ぶ時!」、ようするに「ありえない!」という意味じゃ。 つまり、このスロットは、ありえない当たりかたをすということじゃな。 どうあり得ないかは、まさに出玉を見てのお楽しみということじゃよ。 ■ 特徴 優れた点 5リールのスロットじゃが、なんと言ってもライン数が、まさに"ありえない"んじゃ。 45ライン~3125ライン。 1リールと5リールの初期値は1マスだ...

    (2016年11月7日)

  • ゲームレビュー 「EVOLUTION」 by ゲーム仙人

    ■ EVOLUTION NetEntの『EVOLUTION』を紹介。 タイトルのように、このスロットのテーマは「進化」じゃ。 スロットゲームで、どんな"進化"が起こるのか!? まさに、"進化"こそが、このスロットのキモじゃし、出玉を倍増する上でも重要なんじゃ。 ここには、それこそ賞金が"進化"していくという、驚愕のゲーム性が秘められておる。 では、キモカワなグラフィックと気色の悪いリールアクションを、ぜひとも堪能して欲しい。 ■ 特徴 優れた点 ...

    (2016年10月7日)

  • ゲームレビュー 「Dazzle Me」 by ゲーム仙人

    ■ Dazzle Me NetEntのちょっと変わったスロットの紹介じゃ。 「Dazzle」というと、ようするに"迷彩"という意味じゃな。 "惑わす""目くらまし"みたいな感じで使う言葉のようじゃ。 つまり「Dazzle me」となると、「騙して~!」てな感じかの。 いやいや、出玉だけは騙されないようにしっかりとプレイせんとな。 ■ 特徴 優れた点 5リールで76ラインの多ライン機種じゃ。 じゃが、少々特殊なリール配列になっとるようじゃぞ。 最初の1、2リー...

    (2016年09月20日)

  • ゲームレビュー 「HEXALINE」 by ゲーム仙人

    ■ HEXALINE 今回はマイクロゲーミングがリリースした『HEXALINE』じゃ。 昔で言うところのヘックス模様、つまりいまどきの言い方になると、"ハニカム柄"で構成された、かなりユニークなスロットじゃぞ。 見た目も斬新じゃが、じつは出玉性能が、その見た目以上にスゴイことになっておるようじゃぞ。 ■ 特徴 優れた点 一応、5リール6ライン機と言っておこう。 ふつうのスロットと違い、5×3で構成されとるわけではないんじゃな。 1...

    (2016年08月30日)

  • ゲームレビュー 「マジカル スタックス」 by ゲーム仙人

    ■マジカル スタックス 今回はウィリアムヒルカジノでプレイできる『マジカル・スタックス』を紹介じゃ。 なんと、完全日本語対応じゃぞ。 タイトルの表記も、プレイの仕方や解説も日本語。 なぜなら、日本のアニメをテーマにしたスロットなんじゃ。 見ればわかるように、アレじゃな。 『魔法少女○どか○ギカ』にちょい似というか、あきらかにパクリじゃ(爆笑)。 オンラインスロットといえば、マーベルコミックやDCコミッ...

    (2016年05月4日)

  • ゲームレビュー 「BRIDESMAIDS」 by ゲーム仙人

    ■BRIDESMAIDS 今回はロイヤルベガスで遊べる『BRIDESMAIDS』じゃ。 "ブライズメイズ"というのは、結婚式で花嫁の介添えをする女性のこと。 日本では、まだまだ認知度の低い存在じゃが、欧米では一般的な風習のようじゃな。 基本的には未婚女性がこの役目につくそうじゃが、近年はそうでもないそうじゃ。 このスロットの主役は、ズバリ、このブライズメイズたち。 2011年の映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』が原作...

    (2016年03月25日)

  • ゲームレビュー 「GAME OF THRONES」 by ゲーム仙人

    ■ GAME OF THRONES やっぱり出たようじゃな。 全米大ヒットのファンタジードラマ・シリーズのオンラインスロット化じゃ。 1シーズン10話で、すでに第5シーズンまで放映、1話あたり600万ドルもかかっている超大作ドラマじゃ。 ジョージ・R・R・マーティン原作のベストセラー『氷と炎の歌』を壮大なスケールで映像化した『ゲーム・オブ・スローンズ』が元になっとる。 ファンタジーといいながら、ここで描かれるのは中世イギリスのドロド...

    (2016年02月10日)

  • ゲームレビュー 「Ariana」 by ゲーム仙人

    ■Ariana 人魚というと、ライン川に棲んでいて人々を惑わす歌を歌う怪物ローレライや、船乗りを取り殺すセイレーンなどが代表的じゃな。 人魚姫なんて言って、おとぎ話の題材になることもあるが、基本的には恐ろしい怪物であることが多いようじゃぞ。 ROYAL VEGASでプレイできる、このアリアナもそんな人魚族の仲間。 優しげな微笑みの裏に隠された大当たり-BIG WINを求め、底なしギャンブルの大海原に誘い出されてしまうかもしれん...

    (2016年01月25日)

  • ゲームレビュー 「MEDUSAⅡ」 by ゲーム仙人

    ■MEDUSAⅡ 以前、このコーナーでも取り上げたインターカジノの人気スロット『MEDUSA』の続編じゃな。 もちろん、いろいろパワーアップしまくりなわけじゃ。 25ラインだった前作から、今回はなんと243ライン!! 前作の出玉の鍵だった3倍フリースピンやら、ペガサスやらはなくなってしまったが、今回はまさしくメドゥーサそのものが出玉の鍵を握る仕様になっとるぞ。 ■ 特徴 優れた点 最初に述べたように、5リール243ライン機じゃ。 ...

    (2016年01月6日)

  • ゲームレビュー 「THUNDERING ZEUS」 by ゲーム仙人

    ■THUNDERING ZEUS 神の王ゼウス。 ギャンブルの題材としても大人気なキャラじゃな。 パチスロの『MILLION GOD』シリーズもゼウスを題材にして人気を博しとる。 その射幸性とツボにハマった時の爆発力は、まさに神の領域じゃ。 むろん、本場スロットでもゼウスの人気は絶大。 このインターカジノでプレイできる『THUNDERING ZEUS』もそんな流れの中のひとつじゃな。 ■ 特徴 優れた点 5リール20ラインの多ライン機。 クレジットを温存しつ...

    (2015年12月24日)

  • ゲームレビュー 「BEOWULF」 by ゲーム仙人

    ■ BEOWULF "BEOWULF"は、「ベオウルフ」と読む、イギリス文学の叙事詩のひとつじゃ。 デンマークの英雄ベオウルフの生涯を綴った作品で、ドラゴンやら魔物やらが登場する、ファンタジー文学の原点のようなものじゃな。 ファンタジー好きには超有名なキャラじゃから、これまでも映画化されたり、ゲームのキャラクターになったりと、けっこう忙しいキャラじゃな。 インターカジノでプレイできる『BEOWULF』は、そんな人気キャラベオウル...

    (2015年12月7日)

  • ゲームレビュー 「DRAGON SLOT」 by ゲーム仙人

    ■DRAGON SLOT(By CIRUELO) インターカジノでプレイできる最新スロットの紹介じゃ。 ドラゴンが主役じゃな。 カッコの中に書いてある"CIRUELO"というのは、アルゼンチン出身のファンタジーアート画家シルエロ・カブラルのこと。 ドラゴンを描かせたら右に出る者のない人気アーティストで、カードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』のイラストでも有名じゃな。 そのシルエロの描くドラゴンが、縦横無尽に暴れまわるスロットというわ...

    (2015年10月20日)

  • ゲームレビュー 「SUPERNOVA」 by ゲーム仙人

    ■ SUPERNOVA インターカジノが贈る最新スロットのひとつじゃ。 『SUPERNOVA』とは、「超新星」のことじゃな。 星がその寿命の最後に見せる姿。 太陽の数万倍の光とエネルギーは、まさに宇宙最大のビッグボーナス。 このスロットが放つボーナスの光も、全天を眩しく輝かせるじゃろうて。 ■ 特徴 優れた点 基本は5リール27ラインのスロット。 じゃが、まずは最初の3ラインで配当を得ることが鍵じゃ。 この3リールで27ラインの成立ラ...

    (2015年08月6日)

  • ゲームレビュー 「Cowboys & Aliens」 by ゲーム仙人

    ■ Cowboys & Aliens 6代目ジェームズ・ボンドでお馴染みのダニエル・クレイグとインディ・ジョーンズのハリソン・フォードが共演したSF映画『カウボーイ&エイリアン』がスロットにあったぞ。 実際には、原作のグラフィックノベル版が題材なわけじゃがな。 グラフィックノベルといえば、『Sin City』や『300:スリーハンドレッド』が映画化されて大ヒットしたが、やはりグラフィックノベルの雰囲気をそのまま映像化したほうが良いよ...

    (2015年07月13日)

  • ゲームレビュー 「THE INVISIBLE MAN」 by ゲーム仙人

    ■ THE INVISIBLE MAN 今回はSmart Liveカジノで遊べる『THE INVISIBLE MAN』じゃ。 『透明人間』というと、いまではホラー映画、モンスター映画に分類されるキャラクターじゃが、H・G・ウェルズが1897年に小説を発表したときにはSFとして世に出たんじゃな。 はじめて映像化されたのは、1933年のユニバーサル映画。 英国人俳優のクロード・レインズ出世作としても有名な名作ホラーじゃ。 しかし、この"透明人間"というキャラクターは、どちらか...

    (2015年06月24日)

  • ゲームレビュー 「RACING FOR PINKS」 by ゲーム仙人

    ■ RACING FOR PINKS アメリカンテイストに溢れたレースゲーム風スロットじゃ。 とにかく、あちらの人は一直線でのガチンコ勝負好きじゃな。 峠道の多い日本人と違って、ひたすら真っ直ぐ走るモンスターマシンを見て喜ぶ人種のようじゃ。 Royal Vegasでプレイできるこの『RACING FOR PINKS』は、まさしく一撃必殺を目指すスロットになっとるようじゃぞ。 ■ 特徴 優れた点 5リール243ラインの多ライン機種じゃな。 お馴染みのラインを気にす...

    (2015年05月9日)

  • ゲームレビュー 「THE DARK KNIGHT RISES」 by ゲーム仙人

    ■ THE DARK KNIGHT RISES 2012年に世界的大ヒットを記録した『ダークナイト ライジング』が原作となったスロットじゃ。 DCコミックのヒーロー、バットマンを主人公にした、クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』シリーズの第3弾じゃな。 今回のヴィラン"悪漢"はBANE"ベイン"。 永遠のライバルともいえるバットマンとベインが、ロイヤルベガスカジノで熾烈な戦いを繰り広げるんじゃ。 ■ 特徴 優れた点 5リール243ライン機種...

    (2015年04月3日)

  • ゲームレビュー 「IMMORTAL ROMANCE」 by ゲーム仙人

    ■ IMMORTAL ROMANCE ついにマイクロゲーミングのイチオシスロットの紹介じゃな。 ロイヤルベガスでプレイできる『IMMORTAL ROMANCE』は、バンパイアやウルフマンなど異形のモンスターが登場するスロットじゃ。 しかし、このモンスターたちが揃いも揃って美男美女。 少し前に女性中心にヒットした映画『トワイライト・サーガ』の雰囲気のビジュアルといえば、わかりやすいかの。 ギャンブルやスロットに抵抗のある女性陣にもウケる雰囲気...

    (2015年04月2日)

  • ゲームレビュー 「VICTORIOUS」 by ゲーム仙人

    ■ VICTORIOUS 『VICTORIOUS』とは、まさしく"勝利"を目指すためのスロットじゃ。 古代ローマの兵士たちがモチーフとなっており、じつに勇壮なスロットになっとる。 ペイアウトを受ける度に、ファンファーレで祝福されるというのも、勝ちにこだわるプレイヤーには気持ちの良い感じじゃろう。 しかも、このスロットには、かなり強烈なフリースピンも搭載されとるようじゃぞ。 ■ 特徴 優れた点 5リール243ラインの超多ライン機種じゃ...

    (2015年03月1日)

  • ゲームレビュー 「GO BANANAS!」 by ゲーム仙人

    ■ GO BANANAS! 猿はバナナが大好きじゃ。 もちろん、これはバナナがある地域での話で、東洋ではどちらかというと、バナナより桃じゃろうか。 孫悟空とか、そんなイメージじゃな。 日本では、そう柿かな。 「猿蟹合戦」ではそんな感じじゃろう。 ただ最近は、観光地の猿は人間から食べものを奪い取る悪癖を身に付けて、時々ニュースにもなったりするがな。 ■ 特徴 優れた点 5リール20ラインの普通のスロットじゃろう。 一番の...

    (2015年01月6日)