トリビューンの2006年最後はこの人 ( 2006年12月17日 )

トライデントグループのトライデントトリビューンの12月号が発行されました。

Trident Tribune 12月号

昨年に続いて、今年の最後の号は日本人スタッフの方々の年末の挨拶が載っています。

それと、ウェブキャストは新装トリビューン初回と同じCasinomeisterのBryan Bailey氏が出ていて、とても面白いです。湾岸戦争時の戦場でのクリスマスの話など、今まで聞いたことのない話も出てきています。

実施中のパワーパールロトの当選者の発表もありますが、日本の人がトップになっていますね。

そして、今月のジョークはクリスマスにちなんだ洒落た(?)ものです。

ということで、トライデントトリビューンは今年もボリュームたっぷりで楽しませてくれました。スタッフの皆さん、お疲れ様でした。来年も楽しみにしています。

Trident Tribune 12月号

キングネプチューンカジノのレビュー



コメント

「 トリビューンの2006年最後はこの人 」へのコメントはまだありません。

「 トリビューンの2006年最後はこの人 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ