アメリカの禁止法が見直される? ( 2007年03月15日 )

アメリカのUnlawful Internet Gambling Enforcement Act(UIGEA、インターネットギャンブル禁止法)を見直すべきという政治家の動きが表面化してきました。

Rep. Frank Eyes Web Gambling Ban Repeal (Yahoo! Finance)

Barney Frankという下院議員です。ここしばらくフランク議員がそういう動きをしていることが噂されていましたが、今回公式に認めたそうです。

この背景には、オンラインポーカー業界からの組織的な働きかけ、新法によって余計な業務が増えることを嫌う銀行業界からの要請、そして先般の選挙での民主党の躍進などがあるようです。

ブッシュ大統領が現役でいる間は禁止法の廃止はありえないという意見が大勢ですが、今後どうなるのか注目です。

この報道で、オンラインカジノやポーカーの関連株の株価が一斉に上がったということです。

さらに、ネッテラーの創業者二人に関する嫌疑も取り下げられるのでは?というかなり楽観的な噂まで流れているということです。春だからでしょうか。

関連記事
アメリカの禁止法を尻目にICEは盛況 (2006年12月08日)
米ネットギャンブル禁止法案の余波続く (2006年10月11日)
NETELLERが米国でカジノ決済中止 (2007年01月18日)



コメント

「 アメリカの禁止法が見直される? 」へのコメントはまだありません。

「 アメリカの禁止法が見直される? 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ