スロットのカウント率が少ないカジノの話 ( 2008年05月27日 )

マイクロゲーミングの多くのオンラインカジノでは、ボーナスの条件(最低賭け額条件)を満たすにあたり、ゲーム毎に異なるカウント率が設定されています。

たとえばボーナス額の30倍をプレイすれば出金可能となっているスピンパレスカジノですが、スロットであればその通り30倍でいいものの、ルーレットはプレイ額の50%しかカウントしないのでボーナス額の60倍、バカラなら10%なので300倍となっています。

一般的に、ハウスエッジが小さいブラックジャックやビデオポーカーなどのゲームはカウント率は小さくなります。逆にスロットやキノなどハウスエッジが大きいものはそのまま100%カウントされます。(スロットでもプログレッシブは割り引くカジノはあります)

が、例外がありました。

ヴィレントラスベガスカジノ(Villento Las Vegas Casino)です。

キノやスクラッチカードは100%カウントですが、なんと全てのスロットが50%しかカウントされません。珍しい例と言えます。

普通はスロットは100%と信じている人が多いはずなので、これは意外な感じがするでしょう。

というわけで、ヴィレントではスロットだと30倍ではなく60倍になります。

ただし、もっと条件が悪いところもあり、それはプライムカジノ(Prime Casino)です。ここはスロットのカウント率は100%ですが、元の条件がボーナス額の80倍なので、スロットでも80倍という厳しい条件になっています。

私などは、オーツスロッツカジノ(All Slots Casino)などジャックポットファクトリーのVIPプレイヤー用条件の15倍に慣れてしまっているので、到底こういうところでスロットをしようとは思いません。(ボーナスをもらっていない場合は関係ありませんが)

マイクロゲーミングとひとことに言っても、カジノによってこれだけ違いがあります。ボーナスの条件は毎回よく確認することが必要でしょう。

ヴィレントラスベガスについて
オールスロッツについて



コメント

「 スロットのカウント率が少ないカジノの話 」へのコメントはまだありません。

「 スロットのカウント率が少ないカジノの話 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ