アンティグアのカジノは英国のお墨付き? ( 2008年11月10日 )

イギリスでは、オンラインギャンブルは合法です。カジノもポーカーもスポーツブックもOKです。

ただし、指定された国で発行されたライセンスで営業しているサイトしか英国内では宣伝をしてはいけないことになっています。

指定国というのは、EUおよびEEA諸国、マン島、アルダーニー、ジブラルタル、タスマニアだけです。

多くのオンラインカジノやポーカーがライセンスを受けているアンティグアやカナワキ(Kahnawake)は、申請が却下されて宣伝が不可能でした。

ですが、アンティグア&バーブーダはついに許可を得て、11月終わり頃からイギリス内での広告宣伝活動ができるようになったということです。

プレイテックの多くのカジノがこれで活発に広告を始めることでしょう。

Kahnawakeについては何も聞こえてきませんが、アンティグアの方が先に許可されたというのは意外な感じもしつつ、よく考えるとKahnawakeはポーカーでの不正騒ぎなどもあったので、イギリス国民の安全を守るために厳しくあたるというのは当然かもしれません。

日本の人にとってはこれは直接関係のないニュースではありますが、イギリス当局者は厳しい目でライセンス元の態勢をチェックしているので、安全なカジノを選ぶという観点から言うと、この広告許可国リストは参考になるものです。

関連記事
インターカジノのCM 放送禁止処分に (2008年04月24日)
Kahnawakeのオンラインカジノが追い出される? (2008年03月06日)
オンラインカジノの行動規範 共同で策定 (2007年10月10日)
良いライセンス元、悪いライセンス元 (2007年08月10日)



コメント

「 アンティグアのカジノは英国のお墨付き? 」へのコメントはまだありません。

「 アンティグアのカジノは英国のお墨付き? 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ