12/22 FIFAクラブワールドカップ 決勝「ラジャ・カサブランカ vs バイエルン・ミュンヘン」 ( 2013年12月21日 )

サッカー好きによる試合予想、第57回。

ワールドカップ2014の予選組み合わせが決定しました。

日本はC組。
コロンビア、ギリシャ、コートジボワールと同じ組になりました。
これはですね。行けると思います。

いまの日本代表の印象は、「点を獲ると勝ち、獲られると負ける」といった感じ。
そりゃそうだ、なんて思わないでください。
ざっくりと解説しますと、「リズムに乗ると大量得点、崩すと大量失点」です。

いい雰囲気で試合を行えると、ベスト8どころかベスト4を狙えるとすら思えます。
「なのに」です。それくらいのパフォーマンスを見せたかと思えば、格下相手に大量失点。

つまり、今の日本代表のわかりやすい課題は、「守備」。
守備の一点さえ確実なものになれば、ベスト8は射程内。ベスト4も夢ではありません。

といっても、予選を勝ち上がると決勝最初の相手はおそらくイタリア、イングランド、ウルグアイあたり。ちょっと厳しそうですが、頑張っていただきたいですね!



さて、そんなサッカー熱高まる昨今。
本日取り上げるのは年末恒例のクラブ世界一決定戦!

そう、FIFAクラブワールドカップです!

優勝はおそらく誰もが「ココ」と考えているでしょうが、やはりこの試合ははずせません。
12/22 FIFAクラブワールドカップ 決勝「ラジャ・カサブランカ vs バイエルン・ミュンヘン」。

開催国モロッコの王者と、ヨーロッパ王者の戦いです。


そういえば、今年の予想はバイエルンばっかりですね。
それも当然。これまでからは考えられないくらいに強く、世界中から注目されています。
こうなっては取り上げざるを得ません。

でも、さすがに多くなっちゃいましたので、シーズン後半は、ワールドカップ等もありますし、もう少しいろんなチームの試合を取り上げたいと思います。



それでは、いつものように行きましょう。
前回の結果。
12/1 プレミアリーグ 第13節「チェルシー vs サウサンプトン」。

予想は「チェルシー 1-0 サウサンプトン」!
結果は「チェルシー 3-1 サウサンプトン」

試合は予想外のスタートでした。

開始13秒。チェルシーのエッシェンが出した中途半端なパスにサウサンプトンのロドリゲスが反応。ボールを奪い、一対一の場面を作るとすぐさま先制。完全に「予想外」。

しかし、さすがはチェルシー。すさまじい攻撃でサウサンプトンを圧倒。前半こそ得点できませんでしたが、後半開始早々の54分。コーナーキックからのこぼれ球にケーヒル。62分にはマタのクロスにジョン・テリー。そして90分、ラミレスのクロスからデンバ・バ。

後半怒涛の反撃で、試合をひっくり返し、モノにしました。
今シーズン最高の守備を見せてきたサウサンプトンを相手に3点。ここからのチェルシーがとても楽しみになる試合でした。



さて、続いては本日の本題!
12/22 FIFAクラブワールドカップ 決勝「ラジャ・カサブランカ vs バイエルン・ミュンヘン」。

私の予想は「ラジャ・カサブランカ 0-3 バイエルン・ミュンヘン」です!

ウイリアムヒル現在のオッズは
ラジャ・カサブランカ勝利 26.00倍
ドロー 11.00倍
バイエルン・ミュンヘン勝利 1.07倍

現在のオッズはこちらで確認!
ウィリアムヒルサッカーオッズページへ
William Hill Sports


今大会のダークホースは、元バルセロナの、あのロナウジーニョ率いる南米代表のアトレチコ・ミネイロを破って決勝にすすみました。この試合がなんと3-1と、圧勝ともいえる好ゲーム。今大会最大の金星が生まれました。

力の差がはっきりしたチームの試合は、思いがけない「なにか」があります。準決勝を振り返ると、さらなる大金星も十分にあり得ると感じてしまうんですね。勢いに乗る格下がいい守備をみせたり、試合間隔が短かったり一年中試合だらけで疲労がある格上が攻めきれなかったり。

しかし、それでも相手ははっきり「異常」といえる集団、バイエルンです。前シーズンはビッグイヤー獲得、リーグ・カップ制覇と3冠を達成。各国代表の中心選手が勢ぞろい。そして今シーズンからは元バルセロナの指揮官、グアルディオラ監督を招聘。

まず間違いなく、勝利はバイエルンとなるでしょう。

話は少し変わりますが、今回の試合のオッズを確認して面白いと思いました。それもそのはず、0-1でのバイエルン勝利が13.00倍。なのになぜか、0-2が8.00倍、0-3と0-4が6.50倍、0-5が9.00倍。だれもかれもが、少なくとも2点以上とって勝利すると考えているんです。

0-6ですら15.00倍です。もはやバイエルンの負けを考えるのは自殺行為というもの。

仮にカサブランカが1点をもぎ取るとなると、試合の勝敗自体がわからなくなります。ですが、今シーズンを少し振り返ってください。この遠いカサブランカの1点と、バイエルンの10点ではどちらがあり得そうでしょうか。

さて、これ以上はナンセンスですね。
週末の試合を楽しみにしながら、本日の予想は終了にしたいと思います。
はずれても怒らないでね!




william Hill Sports
ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒルカジノのサイト
ウィリアムヒル スポーツブックサイト
スポーツブック関連マニュアル
ウィリアムヒルスポーツブック登録方法
ウィリアムヒル スポーツブック サッカーベット用語集 その1
ウィリアムヒル スポーツブック サッカーベット用語集 その2





コメント

「 12/22 FIFAクラブワールドカップ 決勝「ラジャ・カサブランカ vs バイエルン・ミュンヘン」 」へのコメントはまだありません。

「 12/22 FIFAクラブワールドカップ 決勝「ラジャ・カサブランカ vs バイエルン・ミュンヘン」 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ