F1グランプリ オッズと予想 第7戦「カナダGP」 ( 2011年06月10日 )

2011年F1GP第7戦。舞台はいったんヨーロッパを離れ、カナダへと移ります。

今回もみどころはやはりベッテルを誰が倒すのか、という点でしょう。
モナコではピット作業の遅れがやや目立ちましたが、それを補って余りあるドライビングと運まで味方につけて、ベッテルは5勝目を飾りました。
6戦して5勝。もはや敵なしの状態の彼は、すでに王者の風格さえも見せています。

とはいえ、他のドライバーたちも指を咥えて黙って見ているわけではありません。
トップチームのドライバーたちはみな打倒ベッテルを胸に、次の優勝を虎視眈々と狙っています。
いまのところ非の打ちどころのないベッテルと、可能性を秘めたライバルたち。
カナダGPの結果はどのようになるのか。

いつもの表を使って予想してみましょう。
(各チームある程度車が完成してきたので、今回からは「マシン完成度」を「運」に変更しています)

  ドライバー   ドライビング ピット戦略 勢い   運 総合計 オッズ
ベッテル(レッドブル) 19 2.25
ウェーバー(レッドブル) 15 7.00
アロンソ(フェラーリ) 18 7.00
マッサ(フェラーリ) 12 51.00
ハミルトン(マクラーレン) 15 3.50
バトン(マクラーレン) 16 9.00
シューマッハ(メルセデス) 13 67.00
ニコ・ロズベルグ(メルセデス) 14 34.00
小林可夢偉(ザウバー) 17 301.00
(オッズはウィリアムヒル6月5日現在のものです)

カナダのモントリオールにある「ジル・ヴィルヌーヴサーキット」は、いかにもアメリカらしい高速サーキットで、マシンによってストレートのスピード差がはっきりと出てしまうのが特徴です。
そのため、スピード重視のドライバーがより有利になります。

優勝候補の筆頭はもちろんベッテルです。
特に彼はここ一番のスピードが半端ではありませんので、ピットミスさえなければ、ほぼ優勝で間違いないでしょう。

一方で、対抗となりそうなのが、ハミルトンとアロンソです。
モナコでは荒すぎる走りをして6位に終わってしまったハミルトンですが、彼は大ポカをやった次のレースではいつも好成績を収めています。また、高速コーナーを得意としているのも大きなポイントだと思います。
着実にマシンに力を付けてきたフェラーリのアロンソは、モナコでベッテルをあと一息というところまで追い詰めました。勢いは十分。優勝も狙えそうです。ただ、フェラーリの車自体がトップスピードがあまり速くなく、アロンソ自身も「勝負はイギリスから」と語っている点が気になります。

その他のドライバーでは、バトン、ウェーバーが挙げられますが、彼らはどちらかというとコーナーを得意としているタイプなので、このサーキットでは苦戦を強いられそうです。

ですので、順当に予想すると。

1位 ベッテル
2位 ハミルトン
3位 アロンソ

になるでしょう。
ただし、今年のこのサーキットには大きな罠があります。
ピレリタイヤの存在です。

耐久性に不安の残るピレリタイヤで走るとなると、ピットの回数は3回か、多いチームで4回以上になる可能性があります。こうなると混戦は必至。より上手い戦略をとったチームが勝ちを手にいれることになるでしょう。

戦略面だけから考えると、抜群に上手いのはマクラーレンのバトンとザウバーの小林可夢偉です。
特に小林は着実にポイントを挙げ、モナコでは5位入賞まで果たしているので、次は表彰台を、と期待したくなります。

抜きづらいサーキットと言われるコースですが、同様のモナコでも今年はオーバーテイクが何度も見られました。今年は抜くことが可能ですから、激戦になるのは間違いありません。
また、ジル・ヴィルヌーヴサーキットは事故が起こりやすいことでも有名です。もしセーフティーカーが入るとなると、これまた予想は大きく変わってきます。

ベッテルが圧倒的な6勝目を勝ち取るのか。それともライバルたちがベッテルから優勝をもぎ取るのか。
まったく予想のつかないカナダGP。結果は6月12日(日)に明らかになります。
いまからレースが楽しみです。


ウィリアムヒルF1オッズページへ↓





ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒルカジノのサイト
ウィリアムヒルスポーツブック登録方法




コメント

「 F1グランプリ オッズと予想 第7戦「カナダGP」 」へのコメントはまだありません。

「 F1グランプリ オッズと予想 第7戦「カナダGP」 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ