スポーツブック F1グランプリ オッズと予想 第2戦「マレーシアGP」 ( 2012年03月23日 )

開幕から一週間をおかずして始まる2012年F1GP第2戦。
今度の舞台は熱帯の地、マレーシアはセパン・サーキットです。とにかく暑いこの土地でのレースは、速さもさることながら、体力勝負。いわば耐久戦とも言えるでしょう。
では、このレースを制するのは誰なのか。第一戦から見えてきた事実と合わせて考えてみましょう。

まず、レッドブル、マクラーレン、フェラーリの3強の状態ですが、前回のオーストラリアGPで以下のことがはっきりとしました。

・マクラーレンの車の仕上がりがとてもいい。
・フェラーリは勝負ができる車を作れていない。
・レッドブルには昨年ほどの速さがない。

現在、最も速く安定したチームはマクラーレンです。
レッドブルはかろうじてそこに付いていっているといった印象。
フェラーリに至ってはまったく追いついていません。

ですので、本命はマクラーレンの2台と考えます。
オーストラリアで優勝したバトンか、再起を図るハミルトンのどちらかが優勝でほぼ間違いないのではないでしょうか。

ただ、気になるチームが他に2チームあります。
メルセデスとロータスです。

昨年は3強にまったく叶わなかったこの2チームですが、オーストラリアでは見事な走りを見せました。運と安定性の悪さが災いして優勝争いには絡んできませんでしたが、マレーシアでは何かを見せる予感がぷんぷんします。

特に注目なのは、メルセデスのロズベルグです。
元々実力のあるドライバーだけに、勢いに乗れば一気に表彰台も夢ではありません。
また、予選Q1敗退の18位から、7位まで上がってきたロータスのライコネンも気になる存在です。
彼もロズベルグ同様、勢いにさえ乗れば、上位に上がってくるのは確実でしょう。

それらを踏まえて、いつもの表を見ながら予想してみます。


  ドライバー   ドライビング ピット戦略 勢い   マシン 総合計 オッズ
ベッテル(レッドブル) 17 3.50
ウェーバー(レッドブル) 14 10.00
アロンソ(フェラーリ) 12 21.00
マッサ(フェラーリ) 10 101.00
ハミルトン(マクラーレン) 17 3.50
バトン(マクラーレン) 19 3.75
シューマッハ(メルセデス) 14 21.00
ニコ・ロズベルグ(メルセデス) 15 21.00
キミ・ライコネン(ロータス) 14 26.00
小林可夢偉(ザウバー) 14 301.00


(オッズはウィリアムヒル3月20日時点のものです)
ウィリアムヒルF1オッズページへ↓


予想はこうです。

1位 ハミルトン
2位 バトン
3位 ロズベルグ

いまのマクラーレンの実力なら12フィニッシュは十分にあり得ると思えます。そのなかでも、しばらく日の目を見ていないハミルトンが優勝となると予想しています。3位は本来ならベッテルとなりそうなところですが、チーム状態がよくない時には、勢いがつかないものです。逆に勢いに乗りつつあるメルセデスのロズベルグのほうが可能性は高そうです。

とはいえ、何が起こるかわからないのがF1の醍醐味でもあります。
オーストラリアから一週間でガラッと状況が変わることもないわけではありません。

ワールドチャンピオンシップを着々と狙うベッテルも怖いですし、今年から復帰したライコネンも大穴としてあり得ます。そろそろシューマッハが返り咲くとも考えられないわけではありません。

ただ、それでも今回はマクラーレンが優勝するのではないでしょうか。
それぐらい、他のチームとは車の出来が違っています。

灼熱のマレーシアGP、決勝は3月25日(日)。
マクラーレンが独走するのか、レッドブルが逆転するのか、はたまた別のチームが割って入ってくるのか。
今後の展開を占う上でも重要なレースとなるのは確かです。
期待を込めながら、F1第二戦を楽しみましょう。





ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒル スポーツブックサイト
スポーツブック関連マニュアル
ウィリアムヒルカジノのサイト





コメント

「 スポーツブック F1グランプリ オッズと予想 第2戦「マレーシアGP」 」へのコメントはまだありません。

「 スポーツブック F1グランプリ オッズと予想 第2戦「マレーシアGP」 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ