F1グランプリ オッズと予想 第12「ベルギーGP」 ウィリアムヒルスポーツ ( 2012年08月30日 )

長い夏休みを終えて、F1がまた帰ってきます。今度の舞台はベルギー、スパ・フランコルシャン。オー・ルージュをはじめとした高速コーナーが続くことで有名なこのサーキットは、ドライバーの腕が試される舞台でもあります。
現在のところ、ドライバーズランキングトップは依然としてアロンソ。はたして誰かが彼に追いつくのか、それともアロンソがさらにリードを広げるのか。早速、スパの予想を立ててみましょう。

まず、押さえておきたいのは、ここまでのランキングです。
以下に列挙しますので、ご覧ください。

1位 アロンソ 164P
2位 ウェバー 124P
3位 ベッテル 122P
4位 ハミルトン 117P
5位 ライコネン 116P

6位のロズベルグは77Pで、優勝争いには加われないと思いますので省きます。

さて、この5人の中で誰がスパを制するのか。
ここまでのレースで言えることは、

・アロンソが逆境をうまく生かしている。
・チームとしてはレッドブルが強い。
・ハミルトンが巻き返しをはかってきた。
・ライコネンは今年まだ優勝を果たしていない。

ということでしょうか。
ですが、これだけでは誰が勝つのか判断に迷います。
そこで、もうひとつスパの特性を考えてみることにします。

スパ・フランコルシャンは山地にあるため、天気が変わりやすいことでも有名です。しかも、コースの一部分だけに雨が降るなど、かなり変わった空模様を見せます。
つまり、不安定なコース状況に対処できるドライバーが有利なのです。

この点で、まず思い浮かぶのはバトンです。
が、今年のバトンは調子が悪くランキングも7位とよくありません。
となれば、次に出てくるのはアロンソでしょう。
また、ベッテル、ライコネンを挙げてもいいかもしれません。
逆にウェバーとハミルトンは、コースに対してやや弱い感じです。

では、アロンソ、ベッテル、ライコネンのうち誰が勝つのか。
ここでは予想を一本に絞ります。
勝つのは一人、ライコネンです。

というのも、ライコネンはスパを得意としており、出場している過去5年間で、なんと4回も優勝を果たしているのです。(優勝していない年もファステストラップを刻んでいます)

今年、ライコネンはまだ優勝がありません。
しかし、にもかかわらず5位にいるというのが実力を証明しています。
この一戦、彼が優勝するのも夢ではありません。

実力が問われるといわれるスパ・フランコルシャン。
そして、速さだけならナンバー1と謳われるライコネン。
ここでの優勝をライコネンが果たしてもなんらおかしいことはないのです。

ちなみにオッズは以下の通り。

ハミルトン 4.00倍
ベッテル 5.00倍
ライコネン 5.50倍
アロンソ 7.00倍
バトン 10.00倍
ウェバー 10.00倍

ウィリアムヒルF1オッズページへ↓


ハミルトンが一番人気になっています。
しかし、結果はまだ誰にもわかりません。

次回2012年F1GP第12戦ベルギーGPは、今週末9月2日(日)開催。
オッズ通りハミルトンがスパを制するのか。それとも、ライコネンが牙をむくのか。アロンソが突き抜けるのか。まだまだ予断が許されないベルギーGPを楽し みに待ちましょう。

※オッズはウィリアム・ヒル8月27日現在のものです。






ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒル スポーツブックサイト
スポーツブック関連マニュアル
ウィリアムヒルカジノのサイト





コメント

「 F1グランプリ オッズと予想 第12「ベルギーGP」 ウィリアムヒルスポーツ 」へのコメントはまだありません。

「 F1グランプリ オッズと予想 第12「ベルギーGP」 ウィリアムヒルスポーツ 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ