F1グランプリ オッズと予想 第14「シンガポールGP」 ウィリアムヒルスポーツ ( 2012年09月21日 )

前戦イタリアGPでは、圧倒的な速さを見せつけたハミルトンが見事優勝を果たしました。前々から車の出来には評判のあったマクラーレンがついにベールを脱いだといった印象です。
さて、次戦は夜の市街地コースで繰り広げられるシンガポールGP。全レースの3分の2にあたるこのレースは、ワールドチャンピオンシップを占う上でも重要なレースとなります。

シンガポールの市街地コースは、あのマリーナベイサンズカジノのマリーナを挟んでほぼ反対に位置し、カジノの最上部にあるスカイパークからほぼみわたせるのではないでしょうか?

では、早速、優勝者を予想してみましょう。

いつも通り、まずはいつものランキングを見てみます。

1位 アロンソ 179P
2位 ハミルトン 142P
3位 ライコネン 141P
4位 ベッテル 140P
5位 ウェバー 132P
6位 バトン 101P

イタリアGPを制したハミルトンが5位から2位に浮上。頭ひとつ抜き出ているアロンソを、他の5人のドライバーが追う形となっています。また、2位から4位までは大混戦模様。2ポイント差で3人が並んでいます。

この中で誰が一番速いのか。そして誰が一番勢いがあるのか。それを探るために、ここ3戦のポイント数をそれぞれ見てみましょう。

ハミルトン 50P
ライコネン 43P
バトン 33P
ベッテル 30P
アロンソ 25P
ウェバー 12P

どうでしょう。
ダントツでハミルトンが抜け出ているのがわかります。それにライコネンが続き、ベッテルとバトンが遅れてついていっている状況です。
となれば、一番勢いがあるのはハミルトンだとわかります。

しかし、今度の舞台はシンガポール。
市街地レースは勢いだけでは勝てません。

では、市街地を得意としているドライバーとは誰なのか。
これには異論があるかもしれませんが、次のドライバーを挙げたいと思います。
アロンソ、ベッテル、ウェバー、ライコネン。

これを前出の勢いと合わせてみると、第一候補に挙がるのは、ライコネンです。

ここでも何度か書いていますが、ライコネンはランキング上位者の中では唯一、今年まだ優勝がありません。いつ勝ってもおかしくない状況なだけに、シンガポールには期待が膨らみます。

というわけで、シンガポールGPを次のように予想してみます。

1位 ライコネン 9.00倍
2位 ハミルトン 3.00倍
3位 ベッテル 8.00倍

そのほかの主だったドライバーの倍率は以下の通りです。

アロンソ 5.50倍
バトン 6.00倍
ウェバー 17.00倍
小林可夢偉 67.00倍
シューマッハ 41.00倍
ロズベルグ 41.00倍

ウィリアムヒルF1オッズページへ↓


次回2012年F1GP第14戦シンガポールGPは、9月23日(日)開催。ハミルトンが今季初の連続優勝を果たすのか、はたまたアロンソがさらにライバルたちを突き放すのか。ますます過熱するF1GP。ぜひ、皆さんも予想を立ててみてください。

※オッズはウィリアム・ヒル9月17日現在のものです。



ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒル スポーツブックサイト
スポーツブック関連マニュアル
ウィリアムヒルカジノのサイト





コメント

「 F1グランプリ オッズと予想 第14「シンガポールGP」 ウィリアムヒルスポーツ 」へのコメントはまだありません。

「 F1グランプリ オッズと予想 第14「シンガポールGP」 ウィリアムヒルスポーツ 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ