F1グランプリ オッズと予想 第3戦「中国GP」 ( 2011年04月15日 )

2011年F1GP第三戦中国GPが今週末(4/17)に開催されます。
今回のレースは前戦から中一週間を置かずに行われるアジアシリーズの第二弾。当然、各チームとも大幅なマシンの変更はできないだろうと予想されます。

となれば、やはり優勝候補は、レッドブルのベッテルしかいないでしょう。
ここ二戦、連続してポール・トゥ・フィニッシュを達成した彼に、現在のところ死角はありません。他を寄せ付けない圧倒的な速さ。そしてKERSに問題を抱えながらもスピードが落ちない車の安定性。いまや、彼は全盛期のシューマッハをも凌ぐような存在になりつつあります。

しかし、何が起こるのかわからないのがF1の世界。
そこで今回は「誰がベッテルを倒すのか?」
ということを考えながら、予想を進めてみたいと思います。

まずは、いつもの表を見てみましょう。
(2戦分のデータがありますので、今回からはまた5段階評価に戻します。また、各項目を少し変更し、総合計も追加しました)

ドライバー ドライビング ピット戦略 勢い マシン完成度 総合計 オッズ
ベッテル(レッドブル) 18 2.20
ウェーバー(レッドブル) 13 6.00
アロンソ(フェラーリ) 13 9.00
マッサ(フェラーリ) 13 34.00
ハミルトン(マクラーレン) 13 5.50
バトン(マクラーレン) 16 8.00
シューマッハ(メルセデス) 12 41.00
小林可夢偉(ザウバー) 14 201.00
ペトロフ(ルノー) 14 41.00

(オッズはウィリアムヒル4月11日現在のものです)

現在のところトップ争いに参加できているのは、レッドブルとマクラーレンの2チーム。 当初、いい成績を収めるだろうと予想されていたフェラーリは、マシンの出来が非常に悪く、レースでは優勝争いに絡むことができないでいます。

ですので、ドライバーで言うと、
・ウェーバー
・ハミルトン
・バトン
の3人が、ベッテルの対抗になります。

この中で注目したいのは、バトンです。

前回のマレーシアGPではピレリタイヤの脆さがとても目立ちました。
長持ちすると言われるハードタイヤでも、悪くすると15周持たないほどだったのです。
こうなると、ドライビングの荒いドライバーはかなり不利になります。
逆にタイヤに優しい運転のできるドライバーには勝機が見えてきます。

ウェーバーは焦ると強引なドライビングをする癖があり、そのためタイヤが持たなくなることもしばしばです。
また、ここ一番のスピードを持つハミルトンもかなりタイヤに負担をかける走りをします。

そこで、バトンなのです。
マクラーレンの車自体は、あまりタイヤに優しくありません。
が、きれいな走りをするバトンは、前戦その車でタイヤを見事に持たせてみせました。

次の上海サーキットは、マレーシアのセパンサーキットと同じく、ヘルマン・ティルケの設計によって作られました。そう。同じくらい抜きやすく、また同じくらいタイヤに厳しいサーキットなのです。

ここでバトンが前戦と同じ走りをできたなら。
そして、ベッテルに何らかの失敗があったなら。
すべて「もしも」の話ですが、もしそうなったなら、バトンの優勝もあり得なくはありません。

また、表ではペトロフにしか触れませんでしたが、今年はルノーの車の完成度が高いので、同じルノーのマシンを駆るハイドフェルド(34.00倍)も大穴として、ありだと思います。

というわけで、今回の予想は。

1位 バトン
2位 ベッテル

ただし、繰り返しますが、ベッテルが圧倒的に有利なのは事実です。
その点を踏まえて、皆さんなりの賭け方を工夫してみてください。

ちなみに「ウィリアムヒル」では、2011年の特別企画として、
「シーズンを通してベッテルが何回優勝できるか」に賭けることもできます。
こちらのオッズは以下の通り。(4/11現在)

1~4回 5.00倍
5~8回 2.00倍
9~12回 2.75倍
13~16回 13.00倍
17~20回 51.00倍

今年のベッテルの調子なら13~16回辺りに賭けてみるのも面白いかもしれません。
注目の中国GP決勝は4月17日(日)です。

ウィリアムヒルF1オッズページへ↓





ウィリアムヒルカジノの詳細
ウィリアムヒルカジノのサイトへ
ウィリアムヒルスポーツブック登録方法





コメント

「 F1グランプリ オッズと予想 第3戦「中国GP」 」へのコメントはまだありません。

「 F1グランプリ オッズと予想 第3戦「中国GP」 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ