F1グランプリ オッズと予想 第4戦「トルコGP」 ( 2011年05月05日 )

来たる5月8日(日)、2011年F1GP第4戦トルコGPが開催されます。

2戦目まで圧倒的な速さを見せ、早くも独走かと思われたベッテル(レッドブル)でしたが、前戦ハミルトンが見事に「待った」をかけました。
これにより、今年のF1の勢力図は大きく変わったと言えるでしょう。

では、次のトルコGPでは誰が優勝するのか。
早速ですが、まずは恒例の表を見てみましょう。

  ドライバー   ドライビング ピット戦略 勢い   マシン完成度 総合計 オッズ
ベッテル(レッドブル) 17 2.25
ウェーバー(レッドブル) 17 6.00
アロンソ(フェラーリ) 13 11.00
マッサ(フェラーリ) 14 26.00
ハミルトン(マクラーレン) 17 4.00
バトン(マクラーレン) 15 8.50
シューマッハ(メルセデス) 12 67.00
小林可夢偉(ザウバー) 13 251.00
ペトロフ(ルノー) 13 67.00
(オッズはウィリアムヒル5月4日現在のものです)

マシンの仕上がりで言うと、やはりレッドブルとマクラーレンの2チームが飛び抜けています。
その他のチームはよほどの戦略か、運がないと優勝争いには絡めないでしょう。
となると、優勝争いをするのは、
・ベッテル
・ウェーバー
・ハミルトン
・バトン
の4人に絞られそうです。

ここで今回注目したいのは、ひとつのキーワード。
「勢い」です。

上の表の「勢い」欄を見てください。
5の付いたドライバーは2人います。
ウェーバーとハミルトンです。

じつはこの2人、前のレースでそれまでとはまったく違った走りを見せています。
ハミルトンは、タイヤマネジメントにあまりこだわらず力任せに走るというレーススタイルを捨て、きっちりとタイヤマネジメントをして中国GPで勝利を収めました。
一方のウェーバーも、それまでのようなどこか守りに入っている走りを捨てて、アグレッシブに勝ちを取りに行く走りを見せ、予選18位から3位入賞を果たしました。
これが2人の「勢い」に繋がっています。

首位のベッテルは前戦、ピレリタイヤの耐久性に苦しめられ、結果は2位に終わりました。
それでも十分に有利ではあるのですが、もしウェーバーとハミルトンの2人が「勢い」をトルコGPに持ち込めれば、ベッテルの牙城は崩れるでしょう。

では、予想を立ててみましょう。
今回からは1位~3位までの表彰台ドライバーをすべて予想してみます。

1位 ウェーバー
2位 ハミルトン
3位 ベッテル

ウェーバーは守りに入るととても弱いのですが、攻めの走りができると途端に速くなるというタイプのドライバーで、前戦で目覚めたと私は見ました。
なにせ、ファステストラップが2位のハミルトンよりも1.422秒も速かったのです。

34歳という年齢、また今季限りのレッドブルとの契約、とウェーバーにはもう後がありません。
その辺の必死さがトルコGPでは見られると信じます。

とはいえ、何が起こるかわからないのがF1の醍醐味でもあります。
特に今年はDRS(可変リアウィング)とKERSの導入で追い抜きがとても多くなっているため、調子のいいドライバーが思いがけない結果を残すこともあり得ます。

表にはありませんが、前戦で優勝争いに加わって見せたロズベルグ(メルセデス)も注目の一人です。
また、トルコGPで過去3勝を飾っているマッサも何かを見せてくれるかもしれません。
もちろん、ベッテルが再び返り咲くことも予想の一つです。

すべての結果は5月8日(日)に明らかになります。
これからのレースを占う意味でも注目のトルコGP。いまから開催が楽しみです。

ウィリアムヒルF1オッズページへ↓






ウィリアムヒルカジノの詳細
ウィリアムヒルカジノのサイトへ
ウィリアムヒルスポーツブック登録方法





コメント

「 F1グランプリ オッズと予想 第4戦「トルコGP」 」へのコメントはまだありません。

「 F1グランプリ オッズと予想 第4戦「トルコGP」 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ