コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝戦 ビルバオ - バルセロナを予想  ウィリアムヒル・スポーツブック ( 2012年05月24日 )

サッカーオタクによる、ちょっとだけわかりやすい勝利予想、第18回。

今回はスペイン国内のカップ戦であるコパ・デル・レイ。5/26に行われる、その決勝戦を取り上げたいと思います。


と、その前にですね、まずはといいますか、さっそくといいましょうか。
先日のチャンピオンズリーグ決勝戦の大反省会を行いたいと思います。

予想は「バイエルン 1-2 チェルシー」。
結果は「バイエルン 1(3 PK 4)1 チェルシー」。

得点こそ少しばかりずれましたが、絶対的バイエルン有利な状況でしたが、見事イングランド・プレミアリーグのチェルシーが優勝を決めました!

いやぁ、本当にすごいゲームでした。

チャンピオンズリーグ史上初のホームでの決勝戦とあって、試合はやはりバイエルン優勢。ゲーム開始直後から攻めるバイエルンに、チェルシーは防戦一方という展開が続きます。しかしそこはR.マドリードを破って決勝戦にあがったチェルシー。最悪の状況は許しません。

ゲームが動いたのはなんと後半38分。耐えに耐えたチェルシーでしたが、バイエルンのトマス・ミュラーにゴールを許します。

バイエルン5度目の欧州制覇は目前となりました。しかし直後、チェルシーは攻撃に厚みと複雑さを加えるためにフェルナンド・トーレスを投入。この采配が完全にあたりました。

というのもバイエルンはそれまで、チェルシーのエース、ディディエ・ドログバを完全に押さえ。しかし、フェルナンド・トーレスが投入されたことで状況は一変。怖いフォワード2人を相手に、バイエルンの守備陣はズレはじめます。

そして後半は43分。チェルシーがコーナーキックの大・大、大チャンスを得ます。

ここまで本当に献身的にプレーしていたフアン・マタと、フェルナンド・トーレス投入で自由を得たドログバの完全なコンビネーションで同点。そのまま試合は 延長戦へなだれ込みます。

延長戦では前半にバイエルンがPKを獲得します。しかしアリエン・ロッペンのキックは世界最高峰のゴールキーパー、ペトル・ツェフがシャットアウト。その後は両者攻め手を欠き、試合はPK戦に。

準決勝でもPK戦で勝利を得たバイエルンは、マヌエル・ノイアーがフアン・マタの1本目をセーブ。またしても優位に立ちます。その後、マリオ・ゴメス、ダビド・ルイス、ノイアー、フランク・ランパードが続けて成功。なんとバイエルンはキーパーのノイアーが3本目を決めました。しかしイビツァ・オリッチ、バスティアン・シュバインシュタイガーのキックをまたしても守護神ツェフがシャットアウト。最後はドログバが決め、チェルシーはチャンピオンズリーグ初優勝を成し遂げました。

少し長くなってしまいましたが、待ちに待ったチャンピオンズリーグの決勝です。お許しを。素晴らしい試合は見れましたし、予想も「ほぼ」当たりましたした。

みなさんの予想はいかがでしたか?


さて、それでは今回の本題。コパ・デル・レイの予想に参りたいと思います。

スペイン国王の即位記念行事に合わせて、1902年にはじまった大会です。長いですね。もう100年以上も続いています。正式名称はながったらしいので省きますが、スペイン国王杯とも呼ばれているので、お聞きになったこともあるかと思います。

今回の試合はアスレチック・ビルバオ -FCバルセロナ。実はこの組み合わせ、初回大会の決勝戦と同じ組み合わせなんです。もちろん、国内カップ戦ですから、これまでもなんどか同じ組み合わせの決勝戦はありました。近年では2009年ですね。

加えて、両チームの優勝回数がバルセロナ25回、アスレチック23回と、ライバルといって差し支えない関係なんです(ちなみにR.マドリードは18回)。

これといって因縁があるわけではないのですが、こういったちょっとした事情を知るとますます試合が面白くなりませんか?


それではおなじみチーム紹介。

まずはアスレチック・ビルバオ。バルセロナやR.マドリードと並ぶ、スペインを代表するクラブです。古くから人気・実力を兼ね備え、いまだ2部降格もしていないという実力者。また、バスク人やバスクにゆかりのある選手のみでチームが作られている、なんとも独特なクラブでもあります。近年は中位をキープしつつ、時折コパ・デル・レイなどで輝きを見せています。中心選手はフェルナンド・ジョレンテ・トーレス。どこかで聞いたような名前ですが、別人ですのであしからず。195cmの長身でありながら足元の巧みさも持つ、なんとも怖いフォワードです。

バルセロナのほうは、もう何度もご紹介しておりますので今回は省略いたします。シーズン後半はやや失速しましたが、世界最強・史上最強といわれる、もはや漫画のようなクラブです。


さてそんな今試合の私の予想は「アスレチックビルバオ 0-2 FCバルセロナ」です!

ウイリアムヒル現在のオッズは
アスレチックビルバオ勝利 9.50倍
ドロー 5.50倍
FCバルセロナ勝利 1.28倍

ウィリアムヒルサッカーオッズページへ


当然といえば当然のよそうですね。今シーズンやや不調が見えたといってもそこはFCバルセロナ。見事な試合運び、そして美しいゴールを見せてくれると考えます。得点のほうは0-2が8.00倍ともっとも高く、ほとんどのかたが予想されているようです。穴を狙うなら、29.00倍の1-0、23.00倍の3 -2あたりが現実的でしょうか。

とにもかくにもシーズンはまもなく終了。といってもまもなくユーロ2012が開幕します。こちらもしっかり予想しますのでご参考あれ。


それでは今日はこのあたりで。
はずれても怒らないでね!!





ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒルカジノのサイト
ウィリアムヒル スポーツブックサイト
スポーツブック関連マニュアル
ウィリアムヒルスポーツブック登録方法




コメント

「 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝戦 ビルバオ - バルセロナを予想  ウィリアムヒル・スポーツブック 」へのコメントはまだありません。

「 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝戦 ビルバオ - バルセロナを予想  ウィリアムヒル・スポーツブック 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ