予想とオッズ 1/30 ブンデスリーガ「VfLヴォルフスブルク vs バイエルン・ミュンヘン」 ( 2015年01月26日 )

サッカー好きによる試合予想、第104回。

とても信じられない試合となりました。アジアカップ決勝トーナメント1回戦。準決勝へのコマを争う日本とUAEの戦いは、日本が圧倒しながらPKで敗北。
30本ものシュートを打ちながら、得られたのはたった1点。試合開始直後の油断を取り返すことはできず、延長、PKの末の、完全な敗北。

ワールドカップの無念を少しでも晴らしたかっただけに、とてもとても、残念な結果となってしまいました。
日本代表の次の戦いは3月のチャレンジカップと夏の東アジアカップ。なんとか、このときは大きな活躍をみせていただきたいですね!


それでは、まずは前回の結果から。
1/23 FAカップ 「ケンブリッジ・ユナイテッド vs マンチェスター・ユナイテッド」

予想は「ケンブリッジ・ユナイテッド 0-3 マンチェスター・ユナイテッド」!
結果は「ケンブリッジ・ユナイテッド 0-0 マンチェスター・ユナイテッド」!

なんとまぁ。こんなこともあるんですね、といった結果。

前回お話したとおり、ケンブリッジ・ユナイテッドは、マンチェスター・ユナイテッドが所属するプレミアリーグの下の下の下であるフットボールリーグ2に所属しているクラブです。

ゲームは世界有数の強豪を相手に燃えに燃えたケンブリッジの、体をはった守備が光りました。
ペースは基本的にマンチェスター。エースのルーニーはベンチにもいない状態でしたが、メンバーはほぼいつも通り。舐めてかかったわけではありませんが、この守備を崩すことができません。

一方のケンブリッジもなんどか得られたチャンスをモノにできず、なんとこのまま試合終了。ボールを持ちつつも攻めきれないマンチェスター。守備では光るもその勢いを点につなげられなかったケンブリッジ。

このマンチェスター・ユナイテッドの危機、いつまで続くんでしょうか。


さて、アジアカップは日本が敗れてしまいました。
しかし、おもしろそうなゲームはまだまだ、まだまだあります。
1/30 ブンデスリーガ「VfLヴォルフスブルク vs バイエルン・ミュンヘン」

私の予想は「VfLヴォルフスブルク 0-2 バイエルン・ミュンヘン」です!

ウイリアムヒル現在のオッズは
VfLヴォルフスブルク勝利 6.00倍
ドロー 4.40倍
バイエルン・ミュンヘン勝利 1.50倍

ウィリアムヒルサッカーオッズページへ


ブンデスリーガの現在のトップ2の戦いです。といっても勝ち点差は実に11。大きな大きな、とても大きな差があります。

さて、ここ数年「最強」と名高いバイエルン・ミュンヘン。今シーズンもさすがの無敗で後半戦を迎えています。得点は41、失点は4。これはもう異常な数字ですね。バルセロナで手腕を振るったグアルディオラ監督の就任以降はとくに強さを増し、いまや敵なし。相手に攻撃をさせないゲーム運びが真骨頂です。

大きく離されて入るものの2位につけるVfLヴォルフスブルク。以前、日本代表でも活躍する長谷部選手が在籍していたことでも知られていますね。08-09シーズンのリーグ優勝以降は低迷しましたが、今シーズンここまでは上々。どうにかこうにか、ここで1位に近づいておきたいところです。

さて、そんな両チームの直近の成績を見てみると、なんと過去5戦してバイエルンが全勝。昨シーズンにはアウェーでありながら6得点など、その強さを見せ付けています。

となると、どうころんでも勝つのはバイエルンと考えていいでしょう。今シーズンの成績、過去数シーズンの成績、それらを調べて付け入る隙があるのなら話は違います。が、どうやらバイエルンにとってヴォルフスブルクは相性のいい相手。
後半最初のゲームも、やはり最強バイエルンが圧倒にすると考えます。


それでは本日はこのあたりで。
外れても怒らないでね!

(オッズは2015年1月26日16時現在のものです)


william Hill Sports
ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒルカジノのサイト
ウィリアムヒル スポーツブックサイト
スポーツブック関連マニュアル
ウィリアムヒルスポーツブック登録方法
ウィリアムヒル スポーツブック サッカーベット用語集 その1
ウィリアムヒル スポーツブック サッカーベット用語集 その2




コメント

「 予想とオッズ 1/30 ブンデスリーガ「VfLヴォルフスブルク vs バイエルン・ミュンヘン」 」へのコメントはまだありません。

「 予想とオッズ 1/30 ブンデスリーガ「VfLヴォルフスブルク vs バイエルン・ミュンヘン」 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ