予想とオッズ 8/19 イタリア セリエA 第1節「ユヴェントス vs カリアリ」 ( 2017年08月18日 )

サッカー好きによる試合予想、第183回。

一部リーグでは新シーズンがスタートしました。
各チームは戦力を見直し、戦術を洗練させ、新しいシーズンに挑みます。

このオフでは本田選手のメキシコ移籍、柴崎選手のヘタフェへの移籍が話題となりました。
新しいチームでどんな輝きを見せるのか。

とても楽しみです。

一方、最後までもつれていたネイマール選手。
こちらも移籍が正式決定。
フランスはパリ・サンジェルマンへ、史上最高額での移籍となります。

さまざまな選手たちの移籍で、昨シーズンに比べどんな変化がうまれるのか。
このあたりに注目して、シーズン序盤を楽しんでください。

まずは前回の結果からですね。
7/19 インターナショナル・チャンピオンズ・カップ「バイエルン・ミュンヘン vs アーセナル」

予想は「バイエルン・ミュンヘン 3-1 アーセナル」
結果は「バイエルン・ミュンヘン 1(2-3)1 アーセナル」!

中国で行われたビッグチームの対決。
バイエルンには、レアル・マドリードからハメス・ロドリゲスが加入、先発。
アーセナルも新加入のラカゼットを先発させました。

試合は早々から動きます。
9分にバイエルンがPKで先制すると、そのままボールを支配。
アーセナルゴールに向けて歩を進めます。

かたやのアーセナルも負けじと攻撃を仕掛けますが、得点にはなかなか結びつきません。

早々の得点から後半を向かえ、終了間際になってなお得点はバイエルンの1点のみ。
見所は少ないものの順当にバイエルン勝利かと思われました。

ところがどっこい、アーセナルはカウンターからチャンスをつかむと、最後はアレックス・イウォビが頭で押し込み、試合を終了間際で振り出しに。

PK戦ではアーセナルのGKが2本をシャットアウトするなど活躍をみせ、結局アーセナルが勝利。
オフシーズンの一戦ながら、最後までわからない緊迫の戦いとなりました。

本題は昨シーズンのセリエAリーグ王者の初戦。
8/19 イタリア セリエA 第1節「ユヴェントス vs カリアリ」

私の予想は「ユヴェントス 3-0 カリアリ」です!

ウイリアムヒル現在のオッズは
ユヴェントス勝利 1.14倍
ドロー 6.50倍
カリアリ勝利 19.00倍

ウィリアムヒルのオッズはこちら

(オッズは2017年8月13日12時時点のものです)

昨シーズンのリーグ王者。
チャンピオンズリーグは惜しくも準優勝。
昨年の欧州2位といって差し支えないでしょう、ユヴェントス。

このオフに守備の中心ボヌッチ、ダニエウ・アウベスが抜けることとなりました。
守備の強いチームですので、これは大きな痛手でしょう。

一方、若い選手を多く獲得しており、懸念されていたチームの高齢化にストップをかけてきました。
前人未到のリーグ7連覇へ向けて、期待不安入り混じる初戦となるかもしれません。

かたや、昨シーズンリーグ11位。
前後の順位に比べて失点数がぬきんでて多く、課題の明白なカリアリ。

しっかりと守備面を強化していきたいところですが、いいニュースは今のところありません。
対戦相手であるユヴェントスとはDFのフィリッポ・ロマーニャを獲得。
その際同じくDFダリオ・デル・ファブロを送り出し、強化なんだから弱体化なんだか。

対策すべき部分がわかりやすいため、戦術を変えることで多少の変化はあるでしょう。
しかし、根本的な解決となったかは不安の残る部分です。

お互いに、事情を抱えながらの開幕戦。
考えながら試合に挑むこととなるでしょう。

しかしですね、事情がどうあっても、ユヴェントスはリーグ6連覇中の絶対王者。
少なくとも無難に、悪いなら悪いなりにカリアリを圧倒すると考えます。

まずは今シーズンの初戦。
倍率としては物足りないかもしれませんが、まずは当てて、流れをつかむのもいいのではないでしょうか。

それでは今日はこのあたりで。
外れても怒らないでね!



ウィリアムヒルカジノクラブの詳細
ウィリアムヒルカジノクラブのサイトへ
ウィリアムヒルカジノクラブの登録方法
OCF限定ボーナス



william Hill Sports
ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒルカジノのサイト
ウィリアムヒル スポーツブックサイト
スポーツブック関連マニュアル
ウィリアムヒルスポーツブック登録方法
ウィリアムヒル スポーツブック サッカーベット用語集 その1ウィリアムヒル スポーツブック サッカーベット用語集 その2