F1グランプリ オッズと予想 第17戦「インドGP」 ( 2011年10月29日 )

今年のF1GPも残すところあと3戦。ドライバー同士の意地と意地とのぶつかり合いの様相がますます高まる中、初開催となるインドGPが始まります。

今回は初めてのサーキットということもあり、各ドライバーともに条件は同じ。
また、コース自体も高速サーキットになるだろうとの情報しかなく、どの車のセッティングが合うかもわかりません。
いわば完全に未知数なのが今回のインドGP。では、このGPを制するのは一体誰なのでしょうか。

一番の優勝候補はもちろん、レッドブルのベッテルです。
前戦の韓国GPでは、優勝後のレース、しかもポールを逃したにもかかわらず、圧倒的な速さを見せて見事に優勝を飾りました。今年のベッテルにはもはや隙がどこにもありません。v
しかし、それを黙って見ているほど、甘くはないのがF1のドライバーです。
その中でも注目したいドライバーが2人います。
マクラーレンのハミルトンと、レッドブルのウェーバーです。

ハミルトンは韓国GPで今年初めてついにレッドブルからポールを奪いました。
その「意地」はきっと今回のGPでも見られるはずです。加えて、長いストレートはマクラーレンのエンジンに有利に働くことでしょう。
あとは「運」をどこまで味方につけられるか。今年のハミルトンは運に見放されたかのような感があるので、その点だけが心配です。

一方、ウェーバーを上げたのはベッテルの次のコメントによります。
「シーズン残り3戦、僕らドライバーだけでなく、チームのためにも最高の成績を収めたい」(AFP通信)。
しかも、ベッテルはウェーバーのためなら優勝を逃してもサポートするとまで言ったのです。
これはおそらくウェーバーにとって屈辱だったに違いありません。
同じ車に乗るチームメイトが10勝を挙げてワールドチャンピオンに輝いたのに、ウェーバーは今年まだ1勝もできていないのです。そこでもって、ベッテルにこんなことを言われたときたら奮起しないではいられないでしょう。
(もっとも、ベッテルがこれを本気で言ってるとは思えません。彼は常にトップを狙うドライバーだからです)

では、恒例のいつもの表を見てみましょう。

  ドライバー   ドライビング ピット戦略 勢い   運 総合計 オッズ
ベッテル(レッドブル) 20 2.20
ウェーバー(レッドブル) 13 7.00
アロンソ(フェラーリ) 15 8.00
マッサ(フェラーリ) 11 101.00
ハミルトン(マクラーレン) 13 3.75
バトン(マクラーレン) 16 4.50
シューマッハ(メルセデス) 12 151.00
ニコ・ロズベルグ(メルセデス) 12 101.00
小林可夢偉(ザウバー) 10 1001.00
(オッズはウィリアムヒル10月26日現在のものです)

ウィリアムヒルF1オッズページへ↓

点数で言えばバトンやアロンソも候補に入れていい気はします。
しかし、バトンはこういう叩きあいに弱く、表彰台はあっても優勝はないでしょう。
アロンソも、そのコメントや行動が、すでに今年のレースを捨てて来年に目を向けている、という印象なので候補からは外しました。

それらを鑑みた結果の予想はこうです。
今回は表彰台ではなく、本命、対抗、大穴と競馬のようにしてみました。

本命 ベッテル
対抗 ハミルトン
大穴 ウェーバー

ウェーバーがポールをとるようなことがあれば事態は変わります。その場合、ベッテルは宣言通り、サポートに回ると思われますので、ウェーバー優勝が濃厚になります。が、もしそうならなければ、ベッテルは優勝をもぎ取りに来るはずです。なにせ、今回は初めてのGPなのです。記念すべき記録は彼にとっても魅力的に見えることでしょう。

誰がポールを取るのか。それによってレースは決まると言っても過言ではありません。
ウェーバーがポールなら、優勝はウェーバー。
ハミルトンがポールなら、優勝はベッテルかハミルトン。
ベッテルがポールなら、優勝はベッテル。

ほぼ、こんなふうになるように思われます。
さて、あなたはどんなふうに今回のGPを予想するでしょうか。

初開催となるインドGPは、今週末、10月30日(日)が決勝。
鎬を削って戦いあうドライバーたちの姿をどうぞお楽しみに。




ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒルカジノのサイト
スポーツブック関連マニュアル





コメント

「 F1グランプリ オッズと予想 第17戦「インドGP」 」へのコメントはまだありません。

「 F1グランプリ オッズと予想 第17戦「インドGP」 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ