「カジノ遊びに魅せられて」(ラッキーニッキー編)byジョー介 第209回 ( 2019年03月27日 )

エジプトの呪いが大爆発?

(本記事は無料プレイの体験記事です)

■ごあいさつ

花粉の野郎が相変わらず、猛威を振るっていますね。
毎日、ケアが欠かせません。

鼻炎薬は1日2錠
シュシュっと点鼻薬に目薬に。
マスクとゴツメのメガネを装着すれば、フルアーマー・ジョー介の完成です。

それでも完全に防ぐことはなかなかできませんのでね。
マスクの下で「今鼻水出てますよ」ってな状態になってしまいますが。

みなさま、どうか、そんな人を見かけましたら優しくしてあげてください。

■いざ、実戦へ

さて、本日のお相手を、鼻ズルを忘れてご紹介しましょう。
ラッキーニッキーカジノより、「BOOK OF DEAD」です。

BOOK OF DEAD
ゲーム画面

物騒なお名前ですね。
そのまま読むと、死の本でしょうか。

確かに。

この画像はおそらくエジプトの遺跡でしょう。
エジプトの遺跡といえば、ピラミッド
ピラミッドといえば、死の呪い

似た様な名前の漫画が、何年か前にありましたのでね。
平成生まれくらいの世代になってくると、そちらの方が身近やもしれません。

これまでもたびたびエジプトものといいますか。
遺跡もの? とでもいいましょうか。
そういうの好きなんですよ。

つまりはロマンです。

歴史としても当然そうですし、オカルトとしても面白い。
今でこそ、ほぼすべてがニセモノとされてしまいましたが。
一昔前に一世を風靡した「オーパーツ」なんかもロマンありますよね。
いまだにいくつかはわからないとか、一部はホンモノだとか、まことしやかにささやかれますし。

おっと、また話が逸れて行きました。
ジョー介の悪いクセです。

話を戻しまして。

今回のスロットはですね。
みんな大好き、ハイ&ローがございます。
それもただのハイ&ローではございません。

ギャンブル

まず。
厳密には、大小を予想するものではありません。
ですのでハイ&ローは大間違いということになりますね。
失礼しました。

ほんで。
その中身は先ほどの画像の通り。
赤黒の色を当てる

もしくは!
カードの絵柄を当てる
というもの。

ジョー介、何度か試してみました。
試してみはしたんですけれども。
赤黒はともかく、カードの絵柄は本当に当たりません

赤黒、あるいは数字の上下であれば、二択で済むんですが、絵柄は倍の四択です。
その分リターンは大きく設定されておりますけれども、まぁ、とにかく当たりません。
困ったものです

さてさて、それはさておき。
今回は意外なほどあっさりときてくださいました。

freespin

フリースピン10回、獲得でございます。
ただの10回ではございませんよ。
ご覧の通り、今回は「10」の絵柄が、キーとなります。

まぁ、ジョー介自身、いまいちよく理解できていないのですけれども。
つまりは、こんな感じになるということです。

追加

絵柄が停止するだけではこうはなりません。
キーとなった絵柄を含んで、小さくてもいいので当たっていることが最低条件です。
当たっていますと、リールのすべてがキー絵柄となり、追加の抽選が行われます。

この画像だけでもそこそこ眩しいのですけれど、
もしも5オブアカインドなどなってしまったら。

すべての絵柄がキラキラになりますから。
もう画面中キラッキラなんでしょうね。

■結果オーライでもいいじゃない

では、結果はといいますと。

まあまあ勝ち

すこし振るわない感じだったのですけれども。
しかし、最初にご紹介したハイ&ローのゲームで、十二分に巻き返しは可能
これを元手に、ゴリゴリと試して行くのが、いいんでしょうね。

もちろん、このフリースピン分でやっちゃうのも可能です。
可能ですが、ジョー介的にはお勧めはしません。
とりあえず、
このフリースピン分は確保しておいて、次からゴリゴリ挑戦していくなどすると、よいかと思います。

ただし!
深い沼へとはまらない様に、くれぐれもご注意を。

by ジョー介

ラッキーニッキーカジノへアクセス

ラッキーニッキー徹底レビュー
ラッキーニッキー登録マニュアル
ラッキーニッキーのプロモ情報



コメント

「「カジノ遊びに魅せられて」(ラッキーニッキー編)byジョー介 第209回」へのコメントはまだありません。

「「カジノ遊びに魅せられて」(ラッキーニッキー編)byジョー介 第209回」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)