いまさら聞けないカジノ用語20「ハイブリッド」 ( 2018年03月5日 )

ハイブリッド

カジノの説明などでよく聞く「ハイブリッド」。
これは、複数のゲームメーカー(プロバイダ)のゲームを扱うことを言います。

「ハイブリッド」はかなり主流となっていて、いまだとむしろそうでないカジノのほうが珍しいかもしれません。
でも、こうなったのは本当にごくごく最近のことなのです。

オンラインカジノが登場した当時は、ワンメーカー方式しかありませんでした。
理由は単純です。

・ゲームメーカーがそもそも少ない。
・専用ソフトでゲームが提供されていた。

からです。
それが時代が進むにつれて状況が変わってきました。
ゲームメーカーの数は増え、ゲームはウェブ上で遊べるようになります。
プレイヤーもいろいろなメーカーのゲームを求めますから、当然、複数メーカー対応の「ハイブリッド」は普及します。
新規オープンするカジノのほとんどが「ハイブリッド」なのはそのためです。

一方で老舗と呼ばれるカジノの中には、現在でもワンメーカーを続けているところもあります。
ハイブリッドのほうが多種多彩ですが、ワンメーカーには信頼性が高いという利点があり、どちらがいいとは一概には言えません。
ちなみに、ライブゲームのみ別メーカーというカジノも多いのですが、この場合は「ハイブリッド」とは呼びません。

参考までにそれぞれの代表カジノを挙げておきます。

【ワンメーカー】
ジパングカジノ(プレイテック)、ロイヤルベガス(マイクロゲーミング)、モンテカルロ(ネットエント)、ジャックポットシティ(マイクロゲーミング)、ウィリアムヒル(プレイテック)

【ハイブリッド】
ベラジョンラッキーニッキーワンダリーノ10ベットインター

それぞれ体験してみて、自分に合ったカジノをぜひ見つけてください。