マイクロゲーミングの新インターフェース ( 2006年03月7日 )

マイクロゲーミングのソフトウェアに新バージョンが出ています。
マイナーチェンジで、本質的には変わっていません。ワイルドジャックカジノで導入されています。
ワイルドジャックカジノはオールスロッツカジノと同じジャックポットファクトリーグループのカジノですが、ウェブサイトがかなりオシャレな感じにリニューアルされたり、昨年はマイクロゲーミングの先陣をきって携帯カジノを始めたりと、注目株です。
従来は新しいものが最初に導入されるのはベルロックグループフォーチュンラウンジというイメージがありましたが、プロモーションの豪華さから言っても新機軸へのチャレンジにしても、ジャックポットファクトリーグループは負けずとも劣らない感じになってきました。
で、元にもどって新インターフェースですが、これは見てもらったほうが早いのですが、ゲーム画面の下部の操作パネルが変更されています。
(すぐにワイルドジャックのソフトをダウンロードしたい人はこちらをクリック)
従来版に慣れている身には使いづらいのですが、そのうち慣れるのでしょうか。
この新インターフェースもあわせると、マイクロゲーミングのダウンロード版ソフトには結構多くのバージョンがあります。

  • Viper ヴァイパー
    最も新しいヴァージョン

    • 新型 (ワイルドジャックで導入されたもの)
    • 主流 (英語版で使用されているもの)
    • 旧型 (日本語版で使われているゲームメニューが横長のもの)
  • Odin オーディン
    ThumperとViperの合間に一部カジノで採用されたバージョン。オールジャックポッツカジノやフォーチュンルームで以前使われていたもの。今はロイヤルプラザカジノくらいでしょうか。風前の灯火という感じです。
  • Thumper サンパー
    いわゆる旧型マイクロゲーミングで、トライデントグループのベガスUSAカジノで採用されています。Viperにはないゲームがあったりするので、こっそり遊んでいる人もいるかもしれません。このバージョンも消える運命でしょう。

これ以外にもフラッシュ版カジノソフトウェアとか、マルチプレイヤーカジノソフト(通称MPC)、そして携帯用のSpin 3もあります。管理が大変そうです。
最新のソフトが見たい人はワイルドジャックカジノのウェブサイト