ブラックジャックスイッチをめぐる混乱 (2) ( 2006年03月23日 )

しばらく前に以下のような記事を書きました。
ブラックジャックスイッチをめぐる混乱
その後も残念ながら混乱が続いている状態のようです。
WinnerOnline掲示板などで報告されている内容によれば、複数のカジノでそれぞれ異なるルールが混在している状態で、ヘルプファイルを見るとどのルールが適用されているか分かるということらしいのですが、必ずしもそうなっていないという声もあります。
新ルールはいわゆるラスベガスルールというものですが、注意すべきは普通のラスベガスルールと違って、プレイテック新ルールではデッキ数が6だということです。(ラスベガスルールは普通8デッキ)
このルールのもとだと、最適プレイ時のハウスエッジは0.13%になるそうですが、従来ルールと比較するとだいぶハウスが有利になっています。(純粋ラスベガスルールの場合は0.18%)
とりあえず、各カジノにはこういう重大変更についてはプレイヤーに必ず通知をしてほしいと感じます。勝手に気がつけというのでは、明らかに不親切です。
3月27日追記
プレイテックの新ルールでは、USAルールで6デッキだけでなく少し特殊な点があるようで、それを考慮するとハウスエッジは0.16%ではないかという意見もあります。ここはWizard of Oddsの最終確認を待ちたいところです。



Comments are closed.

コメント

「ブラックジャックスイッチをめぐる混乱 (2)」へのコメントはまだありません。

「ブラックジャックスイッチをめぐる混乱 (2)」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)