自動ベットソフトについて一言 ( 2006年01月25日 )

最近、オンラインカジノで一定のシステムや自分の指定した賭け方にしたがって自動でプレイしてくれる自動化ソフトをいくつか知りました。

オートプレイのついていないカジノなどでボーナス条件消化のために手抜きをするためにソフトに任せるという使い方もあるのかもしれませんし、私は無理だと思っていますが「システム」に従って賭けて儲けを狙う人もいるのかもしれません。

ひとつここで気をつけないといけないのは、こうした自動ソフトやロボットによる賭けを明確に禁止しているカジノもあるということです。

以前RTGのカリビアン21の騒動で話題になったこともありますが、今でも「外部ソフトによる自動ベットが発覚した場合、勝ちを無効にしたりアカウントを閉鎖することがある」という条項を設けているカジノはあります。

もちろんカジノ側もこうしたソフトでプレイヤーが勝てるとは思っていないでしょうが、万が一の事態に備えているのかもしれません。(悪質な例では、支払いを遅らせたり無効にしたりするための言い訳にも使われたりしています)
いずれにしても、こうしたロボットやソフトウェアを使用する際は、各カジノの諸条件を必ず詳しく確認するようにしたほうがいいようです。

(ポーカーについては明確に禁止されているところがほとんどで、自動的にロボットの利用を検出する高度な仕組みができあがっているらしいです。)



Comments are closed.

コメント

「自動ベットソフトについて一言」へのコメントはまだありません。

「自動ベットソフトについて一言」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)