代替決済会社のアメリカ撤退相次ぐ ( 2007年01月19日 )

1月18日にNETELLER(ネッテラー)がアメリカでのオンラインギャンブル関連の決済を中止しました。
(記事: NETELLERが米国でカジノ決済中止)
それとほぼ同時に、Citadel Commerce(シタデルコマース)InstaDebit(インスタデビット)もアメリカからの撤退を発表しています。
各オンラインカジノやオンラインポーカーからアメリカ人プレイヤーに対しては、
「かわりにClick2Payを」
とか
「これからはPaySparkかEveryWhereMoneyを」
といった連絡が来ているようですが、そういったサービスも時間の問題で撤退するのではないかと言われています。
また、カジノによっては、NETELLERでの入金を優遇して実施していた5%なり10%なりの割り増しボーナスを取りやめるところや、NETELLERで入金した場合はボーナス条件を厳しくするところも出てきています。
10月にアメリカでオンラインギャンブル禁止法が成立して以来の激震と言えるかもしれません。