ocf 10:38 am

CLICK2PAYマニュアルを更新 ( 2007年05月3日 )

※ 下部に5月4日付け追記あり
Click2Payで銀行振り込みが可能なことを今更ながら知ったため、本格的に使用を開始するにあたり、改めて調べ直しました。
その途中、ラストクさんやClick2Payを愛用してきた方々から、親切にいろいろな情報をいただきました。
ありがとうございました。
ほとんどの方が、問題なく銀行振り込みとデビットカードを使っているということです。さらにClick2Payは日本語サポートも親切で早く、NETELLERよりむしろ好きだという感想を持っている方も複数いらっしゃいました。
従来のClick2Payマニュアルには、手数料や手順の点で足りない点や誤った点がありました。それを今回修正しました。
Click2Payマニュアル
主な修正・追加点は以下の通りです。

  • デビットカード引き出し手数料は2%。 (ただし最低$3、最高で$15)
  • デビットカードへの移転額に限度あり。移転手数料は無し。
  • 小切手の金額に上限あり。(1日1,000ドル)
  • 振り込みでの入金後は日本語でメール連絡すること。
  • 日本語サポートの対応時間は平日の日本時間15時から23時。

NETELLERのデビットカード(現在停止済み)と比較した場合のClick2Payデビットカードの優位点は、通貨が米ドルだということでしょうか。
NETELLERの場合、デビットカードで日本円を引き出そうとすると以下のように通貨が変わりました。
米ドル (NETELLER口座) → カナダドル (デビットカード) → 日本円 (現金)
この経過で約4%が為替手数料に消えました。
Click2Payの場合は、こうです。
米ドル (Click2Pay口座とデビットカード) → 日本円 (現金)
通貨転換が1回のため、約2%で済みます。
ただし、Click2Payの場合は、引き出し時に2%という高額な手数料がかかります。
1,000ドルをアカウントから移転して、それをデビットカードで引き出すケースをシミュレーションしてみると、こうなります。
1,000ドルをデビットカードで振り替え(移転): 手数料無料で1,000ドルのまま
1,000ドルをデビットカードで出金: 手数料15ドルがかかり、985ドルに。さらに円転で2%程度目減りするので実質966ドル相当に。
NETELLERはこうでした。
1,000ドルをデビットカードで振り替え(移転): 手数料2ドルで998ドルに。カナダドルに変換されるため2%程度目減りで978ドル相当に。
デビットカードで出金: 円転で2%目減りするので958ドルに。さらに引き出し手数料が約3ドルかかり、955ドル相当に。
どちらも手数料がかかりすぎですが、それでもNETELLERと比較すると、Click2Payのほうがマシなようです。
これは理論値なので、実際にはClick2Payの採用レートが悪かったりすると、多少違うのかもしれません。それでも、NETELLERデビットカードよりコスト高ということはなさそうです。
Click2Payマニュアル
追記(5月4日)
NETELLERが新カードを発表しました。5月末発行予定の新カードでは手数料が改定されているため、上記の比較は当てはまりません。(参考記事 【速報】NETELLERが新カード発表 5月末登場)



Comments are closed.

コメント

「CLICK2PAYマニュアルを更新」へのコメントはまだありません。

「CLICK2PAYマニュアルを更新」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)