Jewel QuestやSudokuがインターカジノに ( 2007年06月8日 )

インターカジノの英語版ソフトウェアがアップグレードされました。ボーナスパック11ということになります。
今回は、以下のような9ゲームが追加されています。
英語版ですが、日本語版と同じアカウントがそのまま使えます(アクティベーションという手続きが必要。詳細はマニュアル参照)。
なお、英語版ソフトを起動して終了し、また起動すれば自動アップデートされることが確認できるはずです。もし自動でアップデートされない場合は、インターカジノの英語ウェブサイトから、英語版ソフトを新規でインストールしてみてください。

  • Jewel Quest ジュエルクエスト
    Bejeweled(ビジュウェルド)とCubis(キュービス)に続く、カジュアルゲームシリーズのスロットが、このJewel Questです。こういう人気ゲームのライセンスは結構高いはずですが、その辺はさすがクリプトロジックということでしょう。
    このJewel Questで面白いのは、どこまで進んだのかそのレベルがセーブできるので、いったん終わっても翌日とかもっと後に、そこからスタートできるという点です。
    (レベルが上がると、全タイルを完了したときの賞金も上がります)
    演出面も素晴らしく、なかなかクセになりそうな面白さです。

  • Multi-Hand Video Blackjack マルチハンドビデオブラックジャック
    妙にノリがいい感じのマルチハンドのブラックジャックです。
    プレイヤーのハンド数、ディーラーのハンド数ともに選択できます。プレイヤー側は1~5ハンド、ディーラー側は3~50ハンドです。
    見やすい統計機能もついていて、なかなかです。

  • The Incredible Hulk – Ultimate Revenge インクレディブルハルク アルティメットリベンジ
    マーベルシリーズスロットの人気ゲームHulk(ハルク)の新バージョンです。25ペイラインのビデオスロットになっています。
    スキャター(爆発シンボル)を3つ以上獲得すると、ボーナスステージになります。ここでは投げるアイテムと狙うアイテムを選ぶと、フリースピンが当たります。最初に出たものを取るか(PLAY)、もう一度やり直すか(THROW AGAIN)を選択することもできます。

  • Wolverine ウルヴァリン
    X-Menの人気キャラWolverineがテーマの25ペイラインのビデオスロットです。
    Sabretooth(セイバートゥース)が3つ以上出ると、ボーナスステージになります。
    ボーナスでは、ウルヴァリンとセイバートゥースの戦いになります。攻撃方法を選んで、もし最終的にセイバートゥースを倒すと、賞金がガツンと増えます。かなりエキサイティングな演出で、思わずドキドキする人は多いでしょう。オンラインカジノのスロットのボーナスラウンドとしては、出色の出来です。
    さらに、ウルヴァリンが3つ以上出るとリスピンとなり、そのときはウルヴァリンの出たリールが固定された状態で、リスピンになります。
    もちろんマーベルシリーズなので、3段階のプログレッシブジャックポットもついています。

  • Captain America キャプテンアメリカ
    これもマーベルシリーズの25ペイラインスロットです。
    キャプテンアメリカロゴが3つ以上出ると、ボーナスラウンドになります。ボーナスでは、飛んでいる飛行機のどれを落とすか、5機選択します。レッドスカル(Red Skull)が出ると、15フリースピンになります(2倍配当)。
    アメリカバリバリのこんなゲームがアメリカ禁止のクリプトロジックから提供されるのは皮肉なことです。そのうちアメリカに戻れるという確かな読みがあるからかもしれません。

  • Sudoku 数独
    世界的に驚異的な人気を誇るパズルである数独(Sudoku)をテーマにしたゲームです。列と行のどちらに賭けるか選択できます(両方も可能)。
    ボーナス機能もついています(2種類)。ボーナス中に赤い数字が27個揃うと特別ボーナスがもらえます(ラインベットの8,000倍)。このあたりの演出が結構面白く、良い出来です。

  • Dino Delight ダイノディライト
    恐竜がテーマの25ペイラインのビデオスロットです。
    コインの裏表を当てるという妙なサイドベットがついています。他にも赤ちゃん恐竜3つで突入するボーナスラウンドもあり、これも工夫があって面白いです(ボーナスの間にゴールデン恐竜が出ると配当3倍)。

  • Enchanted Beans エンチャンテッドビーンズ
    ファンタジー風の30ペイラインのビデオスロット。このテーマはランドカジノのスロットでよく見かける感じのものです。
    リスピンボーナスがついていて、これが一見の価値ありです。ぱっと見はたいしたゲームではないのですが、このボーナスはすごいです。かなりの配当が狙える感じです。

  • Quest of Kings クエストオブキングス
    これもよくある中世がテーマのビデオスロットで、25ペイラインです。
    真ん中の3つのリールすべてにKnight(騎士)が出ると、Knight Featureとなって、ナイトが姫に変わって、それに該当する配当がもらえます。新しい機能です。
    バラ三つで獲得するボーナスラウンドは機能的には単純なピックアップ式ですが、グラフィックは綺麗です。

ということで、総じてとてもいい出来です。
マイクロゲーミングだと既存ゲームのテーマを変えただけというクローンものが多かったりします。が、今回も明らかなようにクリプトロジックの新ゲームは常に新機軸を追求して、新しい何かを提供しています。
半年ごとにこういう質の高い新ゲームを出し続けるというプロ根性には感服するしかありません。
ちなみに、クリプトロジックの副社長のJustin Thouinという人が開発担当で、彼が手がけているマーベルシリーズ以降のクリプトロジックの大躍進については、他社からも彼を称賛する声を聞きます。
インターカジノ
インターカジノについての解説
インターカジノの遊び方マニュアル
関連記事
インターカジノでVersion X登場 (2006年11月01日)
クリプトロジックの新ゲームは期待大 (2006年10月10日)
インターカジノが一気に17ゲームを追加 (2006年05月12日)
オンラインスロットの革命!? マーベルシリーズ (2005年10月03日)
10月3日、インターカジノでバージョン8登場 (2005年10月01日)
ボーナスパック11に関するクリプトロジック社の発表 (6月7日付け)



Comments are closed.

コメント

「Jewel QuestやSudokuがインターカジノに」へのコメントはまだありません。

「Jewel QuestやSudokuがインターカジノに」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)