2011年6月のペイアウトがもっとも高かったカジノ ( 2011年07月25日 )

信頼できるオンラインカジノはその公平性を証明するため、「eCogra」や「TST」などの外部審査機関による審査を導入しており、毎月のペイアウト率(払い戻し率)を公表しています。

当サイトで上位に推薦しているカジノにおける2011年6月のペイアウト率は以下のとおりです:

1位

ベット365
期間: 2011年6月
全体: 96.93%
スロット: 95.49%
テー
ブルゲーム:
96.74%

ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。

2位

ラドブロークス
期間: 2011年6月
全体: 96.51%
スロット: 95.20%
テー
ブルゲーム:
97.18%

ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。

3位

スピンパレス
期間: 2011年6月
全体: 96.49%
スロット: 96.13%
テー
ブルゲーム:
97.59%

ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。

4位

クレイジーベガス
期間: 2011年6月
全体: 96.27%
スロット: 96.32%
テーブルゲーム: 95.85%

ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。

–位

ウィリアムヒル
期間: 2011年6月
全体: —-%
スロット: —-%
テーブルゲーム: —-%

※ウィリアムヒルの6月のペイアウトはまだ公開されていません。

6月はどのカジノもあまり調子が良くなかったようで、全体のパーセンテージも軒並み96%台という結果になりました。
その中で健闘したのがトップの「ベット365」。
97%には惜しくも届きませんでしたが、ほぼそれに近い値を出して堂々の1位に返り咲きです。
また、毎回好成績を叩き出している「ラドブロークス」も、テーブルゲームの好成績が生き2位を死守。
コンスタントに率を出しているだけに、この2サイトからは今後も目が離せません。

なお、今回からご紹介している「クレイジーベガス」の結果は、残念ながら4位。
ただ、良質なサイトとして有名であり、またジャックポットもよく出しているカジノですので、来月以降に期待したいところです。

ペイアウト率はカジノで遊ぶ時の重要なポイントとなります。どのカジノの、どのゲームで遊ぶのが効率的なのかをつかむためにも、一度は見てみることをおススメします。また、ペイアウトからカジノの特徴を知り、そこを攻めていくのも楽しいものです。

ここで紹介しているカジノ以外でも、ペイアウト率を公開しているカジノは数多くあります。自分の遊んでいるカジノがペイアウト率を公開しているようでしたら、ぜひ確認してみてください。できれば、他のカジノとの比較検討に使ってみることをおススメします。
来月の勝利を手にするためにも、どうぞ、ペイアウト率を参考にしてみてください。


80Bet365Casino.jpg
ベット365の詳細
ベット365のサイトへ
ベット365の登録方法解説ページ