プレイシェアグループが日本語化を準備中 ( 2008年02月5日 )

ちょっといいニュースです。
カジノシェアとグランドモンディアルを擁するプレイシェアグループが日本語担当を置き、カジノシェアの日本語化に向けて現在準備を進めています。
カジノシェアでは、現在提供中の多言語版ソフトウェアですでに日本語を選択できるようになっています(まだロビー画面などは英語のままです)。
これに加え、日本語ウェブサイトと日本語メールサポートの開始が近々予定されています。
具体的な時期については未定ということですが、そう遠くない時期に開始されることが期待できそうです。
グランドモンディアルカジノについても、日本語化を前向きに検討中ということです。
最近は、マイクロゲーミングのオンラインカジノで日本向けが充実したところがなくなってきています。キングネプチューンのトライデントグループが日本に力を入れるのを止めたり、ゴールデンラウンジグループにも日本語部門再開の見込みがなかったり、32レッドでも日本語部門拡充の動きはなかったり、スピンパレスでも規模縮小の噂が聞こえてきたりと、いい話はあまりありません。
そんな中、実力のほどはまだ分かりませんが、新たに日本に目を向けてサポートを提供してくれるプレイシェアのようなところが出てくるのは嬉しいことです。
もしかしたら、日本語開始記念で新規プレイヤー向けの特別キャンペーンをする可能性もあるので、今すぐにアカウント登録をしない方がいいかもしれません。そのあたり、分かり次第報告します。
カジノシェアのウェブサイト
グランドモンディアルカジノについて