「ライバル」も飲み込むカジノオンネット ( 2008年05月17日 )

カジノオンネットの勢いは誰にも止められないという感じです。
カジノオンネットを保有運営する888 Holdingsが、Rivalとの提携を発表しました。最近の一連の提携契約に続くものです。
888 Holdings signs strategic deal with Rival Powered for undisclosed sum
Rival Gaming(ライバルゲーミング)は日本ではほとんど無名なカジノソフトウェアです。
Cocoa、This is Vegas、Davinci’s Gold, Paradise 8、Mayan Fortune、Sloto’ Cash、Simon Says、Superiorといったオンラインカジノで採用されていますが、いずれもマイナーな存在と言えます。
このRivalの特徴は、アイスロット(iSlot)というビデオスロットシリーズです。ストーリー性が高くボーナスゲームが充実していて、スロットファンからは相当評価されています。
ただ、いかんせん採用カジノがマイナーで、更に各種トラブルもあったりして、せっかくのゲームが生かされていない状態でした。
それが今回のカジノオンネットとの提携によって変わりそうです。面白いカジノゲームソフトと信頼できるカジノの組み合わせが実現することになります。
ここまで来たら、RTG(リアルタイムゲーミング)とも提携してRTGゲームも提供し、ついでにゲームは面白いのに優良カジノが少なすぎるという評価がつきまとうプレイテックとも提携してしまえ、という感じもします。
カジノオンネットのレビュー
関連記事
カジノオンネットはゲームの玉手箱 (2008年05月14日)
カジノオンネットが自前路線放棄?クリプトと提携 (2008年05月09日)
カジノオンネットもスロットを外注へ (2008年03月27日)
カジノオンネットもライブディーラー開始へ (2008年01月13日)