ocf 6:45 am
ocf 6:45 am

勝ちすぎて追い出された例 ( 2007年08月19日 )

Casinomeisterで知った件です。
Casino Vega – Advantage Players Beware (Casinomeister)
Parley Entertainment(パーレーエンターテイメント)というソフトウェアを採用しているCasino Vega(カジノヴェガ)で、勝ちすぎたプレイヤーのアカウントが閉鎖され、支払いも受けられないというケースが発生したようです。
その際のカジノからの「通告」のメールが、上記ページに転載されています。
内容はこんな感じです。

「あなたは9回にわたり合計1550ドルを入金し、11回にわたって合計5510ドルを出金した。勝ちが続くことは稀ではないが、あなたの場合、アカウント開設以来、常に勝ち続けてきた。ランドカジノでこのような勝ちを続けた場合、カードカウンティングかその他の不正をしているということで出入り禁止となることもある。カジノはそのようにプレイヤーを選ぶ権利がある。我々もそのように決定する。」
ここでの問題は、カジノが全額を支払わずにプレイヤーを追い出したということです。

オンラインカジノの規約では、理由を明らかにすることなくカジノはプレイヤーの参加を拒否できるとなっているのが普通です。ですから、上記のような理由で追い出されても仕方ない面もあります。
ただし、不正をしたわけでもボーナス条件を満たさなかったわけでもないので、当然支払いを行った上で出入り禁止にしなければなりません。
ランドカジノでも、出入り禁止にするとしても、カジノが定める禁止事項に抵触する行為をプレイヤーがしていない限り、きちんと支払ってから追い出すのが通例です。
払いたくないから屁理屈を言って払わないというのは、絶対に許容することができません。

以前、「自動プレイプログラム(ロボット)を使用したから払わない」と言いがかりをつけて日本のプレイヤーへの支払いを拒もうとしたカジノがありました。その件では結局支払いはされました。アカウントは閉鎖されましたが、それが最低限要求される態度でしょう。

ちなみに、このカジノヴェガのライセンスはコスタリカのものです。普通だったらあまり近づきません。
やはり最初からまともなオンラインカジノを選ぶということが大切です。



Comments are closed.

コメント

「勝ちすぎて追い出された例」へのコメントはまだありません。

「勝ちすぎて追い出された例」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)