予想とオッズ 1/29 イタリア セリエA 「ウディネーゼ vs ACミラン」 ( 2017年01月24日 )

サッカー好きによる試合予想、第172回。

新年早々の、ショックです。
詳細は後述しますが、公式戦40戦無敗のレアル・マドリードが今シーズン初黒星を喫しました。

前回の予想でお伝えしました通り、相手はリーグ2位のセビージャ。
1位と2位の戦いとはいえ、絶好調のレアルが破れるとは。

後半戦ははじまったばかりです。
まだまだ大きな「予想外」が起こるかもしれませんね。

では前回の結果、その詳細をみていきましょう。
1/16 スペイン リーガ・エスパニョーラ「セビージャ vs レアル・マドリード」

予想は「セビージャ 0-2 レアル・マドリード」!
結果は「セビージャ 2-1 レアル・マドリード」!

正直な感想としては、ショックの一言に尽きます。

前回も触れましたが、この2週間で3回もの対戦を行うこと両者。
今回はその3戦目で、前2戦の成績はレアル・マドリードの1勝1分となっています。

12日の試合を参考にできていれば、負けも視野に入れたかもしれません。
しかし、それは無粋というものですね。
おどろきと残念さと、衝撃と、「ほんとに?」といった気持ちでいっぱいです。

試合の方はレアルのセルヒオ・ラモスへのブーイングからスタート。
古巣セビージャファンとセルヒオ・ラモスの対立が、不穏な空気を漂わせます。

キックオフ後は好守がころころと入れ替わり、ペースをつかもうにも相手に取られ、といった展開。
どちらも最終ラインが堅く、決定機が訪れることはありませんが、とても見ごたえのある攻防。

好調なレアルが早々に先制かな、と考えておりましたが、前半はこのまま終了。
どちらも決めきることができませんでした。

後半も前半同様、攻撃的なスタートとなりました。
そのめまぐるしい展開は息をのむ激しさ。
しかし、両者ともに決定機を迎えるも、やはりなかなか得点には至りません。

そんな激しい展開に終止符を打つのはだれか。
65分に得たPKを蹴ったのは、やはりクリスチアーノ・ロナウドでした。
セビージャファンの激しいヤジに気を取られることなく、冷静にキーパーの逆を突き、先制。

ほとんどの方がこれで決まったと考えたでしょう。
わたしもその一人でした。

ホームとはいえ、強豪を相手に先制されたセビージャ。
少し落ち込むかな、と考えておりました。

しかし、失点で勢いを増したのかここからは怒涛の展開。
選手交代で流れを変えるとともに、レアルゴールに迫ると、85分。
なんとレアル・マドリードのDF、セルヒオ・ラモスがオウンゴール。

試合が振り出しに戻ってしまいます。

さて、抜群の勢いのなか、得点をいただいた形となったセビージャ。
ボールに触れるたび大きなブーイングが沸く選手の自殺点とあって、雰囲気は異様なものとなっていきます。
堅守レアルをなかなか崩すことはできませんが、勢いを増した攻撃はどちらが無敗中なのかわからなくなるほど。

逆転弾はアディショナルタイムに入ってすぐのことでした。
ベンゼマがこぼしてたボールを奪うと、ペナルティエリアの手前からヨベティッチがシュート。
キーパーの手をはじいて枠内に吸い込まれ、レアル・マドリードに引導を渡します。

その後、首位レアルも意地をみせますが同点には至らず。
このまま試合を終え、セビージャが無敗記録に待ったをかけることとなりました。

それでは、本日の本題に参りましょう。
1/29 イタリア セリエA 「ウディネーゼ vs ACミラン」

私の予想は「ウディネーゼ 1-1 ACミラン」です!

ウイリアムヒル現在のオッズは
ウディネーゼ勝利 3.00倍
ドロー 3.25倍
ACミラン勝利 2.37倍

ウィリアムヒルサッカーオッズ

(オッズは2016年1月23日9時時点のものです)

相変わらずらしくない順位に付けているミラン。
過去3シーズンははっきり低迷といっていい状態であり、チーム状態は依然悪いと考えていいでしょう。

こうなると矛先は当然「10番」にも向けられ、本田選手の移籍騒動は枚挙にいとまがありません。

現在は昨シーズンの最終順位と同じ7位。
得点が多いでもなく失点が少ないでもなく。
名前が大きいこと以外は、7位らしい成績となっております。

後半戦に入ってからもリーグで3戦して1勝1分1敗と相変わらずの不調状態。
前節の負けは、上位ナポリが相手とはいえホームでのものですから、期待感はどんどん薄れていきます。

とはいえさすがは名門でしょうか。
勝ち点では1~3位に大きく離されていますが、4~6位には肉薄しています。
ヨーロッパリーグ出場権を十分に狙える範囲です。

かたやのウディネーゼはといいますと。

現在は12位ですが、ここ3シーズンと比べると「いい」と考えられる状態。
しかしさすがに3位につけた11-12シーズンほどではありません。
期待のし過ぎは禁物です。

得失点や勝利数などは順位相当。
負けた数や失点のほうが多くなってくる順位です。
前後と比べると得失点が-3と小さくとびぬけた数字でもありません。
好守のバランスはいいと考えていいでしょう。

となるとこの試合はミラン。
と考えたいのですが、気になる点が一つあります。

ミランはこの試合の直前に首位ユヴェントスと戦うんですね。
これはコパ・イタリアの試合で、リーグ戦とは直接関係ないのですが、しかし体調という意味では大いに影響します。

つまりですね、ミランは先日のナポリ戦での敗戦で落ち込んでいるところに、ユヴェントスという大きなライバルを相手にし、そしてこの試合を迎えるんです
ね。

仮にユヴェントスに勝ってしまえば強気の姿勢でウディネーゼホームに乗り込むことができます。
しかし敗れてしまったら?

悩みとなってしまう試合が直前にあるため、とても結論を出しにくい試合です。
ウディネーゼがナポリのように上位チームであるならミラン敗北とさくっと考えたでしょう。
ですが、残念ながら相手は微妙な立ち位置のウディネーゼ。

さて、悩みに悩んだ結果…。

ナポリに敗れ、ユヴェントスに敗れたミラン。
ウディネーゼのホームに乗り込むも勢いは感じられず。
勝ち点を分け合う終わり方に。

といった展開を予想し、引き分けと考えました。

それでは今日はこのあたりで。
外れても怒らないでね!


william Hill Sports
ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒルカジノのサイト
ウィリアムヒル スポーツブックサイト
スポーツブック関連マニュアル
ウィリアムヒルスポーツブック登録方法
ウィリアムヒル スポーツブック サッカーベット用語集 その1ウィリアムヒル スポーツブック サッカーベット用語集 その2




ウィリアムヒルカジノクラブの詳細
ウィリアムヒルカジノクラブのサイトへ
ウィリアムヒルカジノクラブの登録方法
OCF限定ボーナス