「カジノ遊びに魅せられて」(777BABY編)byジョー介 第212回

平成最後は魔法の世界へGO!

(本記事は無料プレイの体験記事です)

■ごあいさつ

いつのまにやら、もう間もなく「令和」です。

思い返せばそこそこに長い時代でしたね、平成
30年ですよ、30年

一応、ジョー介は昭和の生まれでしてね。
ちょうど平成に変わる直前でしたのでね、残念ながら昭和の記憶はまったくないうえに、平成に変わったという記憶もありません。
30代の、そうですね、半ばくらいの方は同じような感じじゃないでしょうか。
ですので「初」ではないんですが、実質、「初」の時代の転換を味わいました。

あ、でも2000年を迎えたときもなんだか似たような気持だったかもしれません。
そわそわするような、でもなんでもないように装ったりして。

令和がどんな時代になるのか。
ジョー介にはとても想像が及びもつきません。
でも、できれば、ジョー介だけに甘くて優しい時代になってほしいものです。

■今回のゲームはこちら

さて、それでは本日もお相手ご紹介。
ラッキーベイビーカジノより、「Wild Wishes」です。

Wild Wishes
ゲーム画面

ご覧の通り。
ではちょっとわからないかもしれませんが…。
千夜一夜物語のアラジンと魔法のランプ、です。

絵本とか、夢の国の映画とか。
日本でも有名な物語ですね。
オリジナルの方をご存知の方のほうが少ないかもしれません。

魔法のランプをこすると魔人が現れて、願いを3つ叶えてくれる、アレ。
「願いの数を増やす」だの、「何度でも叶えられるようにする」だのと誰でも一度は夢のない話をしたり、想像をしたりする、アレ。

あぁそうか。
日本だとハクションで知られたのかもしれませんね。

さて、それはさておき。
改めまして、5リールなのはご覧の通り。
ライン数はですね、少し少な目の15ライン

みなさん気になるのはリール上段のランプでしょう。
左から4つ目のランプには「7」
5つ目には「?」と、それぞれ書いてあるのもなんだろな、です。

何か来た

なんでしょう。
すごく小さなものだったんですが、当たったらランプが光りました。

そいで向きを変えました。

あぁ、なるほど。
連続する必要があるのか。
長いな―これ。

えっと。

大小問わず当たるとランプが光ります。
2回連続して当たると、左から2つ目のランプが光ります。
そのようにして連続して。
5回連続できると、フリースピンを獲得できると。

そういうわけです。

5回って、結構な数です。
多少そのあたりは考慮されているんでしょうけれど、普段3連続もあまりありません。
ちょっと今回のは厳しいかもしれません。

と、思っていたんですけれどもね。

当たった!
これって大当り?

あっという間に来てくれました。

具体的には、「大小問わず」のあたりで2連続後はずれ
「そのようにして」のあたりでまたしても2連続後はずれ

しかし、「5回って、結構な数です。」のあたりで3連続
4回目は「普段3連続もあまりありません。」のころ。

実はですね、かなりドキドキしていました。
フリースピン獲得方法を知ったとき、無理だと瞬時に判断しましたので。
まさかこんなにあっさりと4連続が来てしまうとは考えもしませんでした。

最後の5連続目は「厳しいかもしれません。」の「かも」くらい。
「しれ」のころには両手が天を衝いていました。実は。

そうそう、通常スピン時、ライン数が少ない理由もわかりました。
フリースピン中はですね、ランプ部分にも絵柄が停止するようになるんです。

フリースピン中

こんな感じ。
で、左右のリールの横に小さく数字が書いてあるんですけれども。
見にくいですねぇ。

もっとも大きな数字は40です。

40。
倍以上に増えました。
もともと15としかありませんのでね、まるで違います。

■さて、結末はどうなるのか?

でもね、みなさん。
過信はいけません。
過剰な期待も禁物です。

あっという間に5連続して。
ライン数が大きく増えて。
ジョー介の心には大きな花が咲いていました。

でも、ダメなときはダメなんです。

最終結果

ね。

同情してください。
かわいそうな奴だと憐れんでください。
ざまあみろ、は傷つくのでおやめください。

「厳しいかも」のころは、こんなはずじゃなかったのになぁ…

by ジョー介


777baby
777BABYカジノ 徹底レビューと解説
777BABYカジノへアクセス
777BABYカジノ OCF限定ボーナスはこちら
777BABYカジノ 登録方法マニュアル




コメント

「「カジノ遊びに魅せられて」(777BABY編)byジョー介 第212回」へのコメントはまだありません。

「「カジノ遊びに魅せられて」(777BABY編)byジョー介 第212回」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)