「カジノ遊びに魅せられて」(ラッキーニッキー編)byジョー介 第215回 ( 2019年06月27日 )

あまりの暑さにパソコンがいかれてしまい、その上、管理人まで体調を崩してしまったため、しばらくぶりの更新となってしまいました。
すみません。とりあえず、なんとかなったので、これからはまたコツコツと毎日、オンラインカジノに関する情報を提供していきます。

悪魔の数字は666

(本記事は無料プレイの体験記事です)

■ごあいさつ

梅雨だというのに、意外なほどさっぱりとした日が続きます。

地域によっては大雨もあるようですけれども。
ジョー介の住まい付近は、雨は週に一度程度。
雨の日の隙間にたまにある、カラッとした日
あれがほとんどな印象です。

もちろん、降ってしまえばじっとりな一日なのですけれど。
空調をですね、冷房でなく除湿にしてしまえば、湿気などすぐになくなってしまいます。

こんなに過ごしやすい梅雨は、人生初のことかもしれません。

■それでは実戦スタート

さて、そんなことを言っておきながら。
ジトっと雨の本日は。

ラッキーニッキーカジノより、「DEVIL’S NUMBER 666」です。

DEVIL'S NUMBER 666

おどろおどろしい雰囲気です。
名前はですね、「悪魔の番号、666」とのこと。

この数字、有名ですよね。
ホラー映画なんかで、よく見かけたり、題材のひとつとされたり。
だからなんとなく、悪い不吉な数字なイメージを持ってしまいます。
あとはほら、実在の事件の、日付や関連する数字にこの666が現れたりとか。

事実は小説より、を、地で行く感じです。

不気味な通常画面

通常画面もですね。
なんていいますか、濃い

ホラーな感じがしっかり出ていますし。
同時に、デスメタル的なイメージも。

ほんで。
この「666」ですけれども。
名前を、「獣の数字」というそうです。

聖書に出てくる、意味深な数字です。

聖書では、獣とはいうものの、人間を表す数字、とのことでして。
この数字を額か右手に刻印し、これがなければ買い物もできないと。
そして、この刻印はあの獣の名前で、あるいはその名前の数字ですと。
賢い人はどんな意味があるか考えなさいと。

なんだかよくわかりませんね。
意味もそうなんですけれども、そもそもこれはなんだとも思います。
もちろん、むかーーーしっから様々な解釈がされ、考察が行われています。
皇帝ネロを表すとか、ローマ教皇を表すとか。

ただ、結局のところはまだよくわかっていないようで。
だから不吉な数字、みたいな扱いなのかもしれませんね。

さて、スロットの方に戻りますと、ちょっと解せないところがありまして。

6がない?

「6」絵柄がないんですよ。
かわりにキーとなっているのが「9」絵柄

まぁ、ひっくり返せば同じ形ですのでね。
そういうことなんでしょうけれども。

あ、そういえば不思議ですよね。
「666」には特別な意味があって。
しかし「999」や「9」では、これといって言われるようなことはありません。
ひっくり返っただけなのに。
逆の意味とか、ないんでしょうかね。

そもそも「666」自体の意味がよくわからないので、逆もくそもないのですが。

あ、そうこう話していましたら。
やっぱり、という感じです。

「9」の絵柄がくるっと回りまして。

これがこうなって…
フリースピン獲得

フリースピンの獲得です。

数は12回
「666」にちなんで18回を期待していたんですけれど。
そうは問屋うんぬんかんぬん。
ちょっとだけ残念な気持ちです。

しかし、面白い機能があります。
抽選の際にですね、数字絵柄で当たると、その数字の絵柄が消えまして。
うえから新しい絵柄が落ちてきて、再抽選が行われます。
各種絵柄で当たりますと、その絵柄がアップグレードされまして。
絵柄が持つパワーが上がります。

図柄パワーアップ

こちらの画像のうえの方をご参照ください。
今回のフリースピンでは、それほど多くを獲得することはできませんでした。

面目ない思いです。

■そして結末は…

さて。
それはそれとして。
結果の方へと参りたいと思います。

いいんじゃない?

うーん。
もう少し思いっきり喜びたいところ。
というのが本音ですね。

でも、今回のフリースピンは割とあっさりきてくれましたから。
数で巻き返しを望むような、そんな感じなのかもしれませんね。

by ジョー介

ラッキーニッキーへアクセス

ラッキーニッキー徹底レビュー
ラッキーニッキー登録マニュアル
ラッキーニッキーのプロモ情報



コメント

「「カジノ遊びに魅せられて」(ラッキーニッキー編)byジョー介 第215回」へのコメントはまだありません。

「「カジノ遊びに魅せられて」(ラッキーニッキー編)byジョー介 第215回」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)