【危険メールニュース】今日はスマホにこんな詐欺メールが来ました。 ( 2018年11月7日 )

スマホにも広がる詐欺メールの実情

これまでPC宛に来る詐欺メールをいろいろご紹介してきましたが、今回は別。
スマホにやたら届く詐欺メールの詳細を暴きます
特徴はショートメールに送られてくるところ。
このメールを受け取った方、どうぞご注意ください。

■詐欺メール全文

スマホ詐欺

——————————————————————————————–
【差出人】SMSinfo
【本文】
コンテンツ利用料金の精算確認が取れません。本日ご連絡なき場合には法的手続きに移行致します。
アマゾンジャパン(株)
(0342187013)
——————————————————————————————–

■この手のメールを受け取ったら

PCと違い、スマホのショートメールに直接送られてくるとかなり怖いと思います。
しかも、今回の詐欺メールは余計なことを何も言わないので余計に真実味が増しています。

ですが、この手のメールを受け取っても慌てないでください。
まずはネットで検索してみることが第一です。

今回のメールの場合、詐欺の手順は以下のように思われます。

・ランダムな番号に同じ内容のショートメールを送る。
・連絡してきた相手には「番号が生きてる」と判断し詐欺をはじめる。
・それが失敗しても、番号は「詐欺リスト」に登録。
・以降は新手の詐欺メールがいろいろ送られてくる。

なので重要なのは決して返信(電話)してはいけないということです。
これに引っかかると後々まで詐欺と戦い続けなければならないことになります。

■メールを受け取ってしまったら

こういうメールを受け取って焦ってしまう気持ちはよくわかります。
実際、私もかなり焦りませした。
しかし、ここですぐに反応しては絶対にいけません。
まずは次の点をしっかり調べてみましょう

・電話番号を検索してみる。
・メールの本文を検索してみる。

今回のメールでわかるのは、Amazonは決して「アマゾンジャパン」という名称でショートメールを送らないということです。
ほかにも、同じ電話番号で被害に遭った人たちの意見がネットには多数あります。
検索するだけで、これだけのことがわかるのです。

焦ったら負け。
まずは落ち着いてメールを検証することから始めましょう。
これはPC宛てのメールでも同じことです。

■どう対処したらいいのか?

先にも言いましたが、この手のメールは反応したら負けです。
相手がいると認識させることが詐欺師にとっては最大の武器になります。
なので、取る手段としてはひとつしかありません。

徹底的に無視して即行削除。

これだけです。
相手に自分の個人情報を教えてしまうのは、詐欺師にとってはもってこいのことに他なりません。
絶対に反応しないでください。

新しくできたオンラインカジノ中には、手に入れた情報を詐欺師に流すところもあります。
オンラインカジノとしてはあり得ないことなのですが、そういったカジノがあるのも事実です。
みなさん、安心して遊べるオンラインカジノで遊んでください。

参考までに、OCFがおススメするオンラインカジノを挙げておきます。
ここに登録して詐欺メールを受け取ったという話は聞きません。
同じ遊ぶなら安心して遊べるオンラインカジノがいいですからね。

OCFがおススメするカジノ、ベスト3

ジパングカジノ
ラッキーニッキー
ワンダリーノ



コメント

「【危険メールニュース】今日はスマホにこんな詐欺メールが来ました。」へのコメントはまだありません。

「【危険メールニュース】今日はスマホにこんな詐欺メールが来ました。」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)