【危険メールニュース】Amazonからのメールにご注意を ( 2019年03月7日 )

危険メールの3大巨頭

危険(迷惑)メールの代表格となってしまった感のある企業がいくつかあります。
中でも多いのは、Apple、Amazon、楽天の3社を装ったメールです。
有名企業だけに、やはりひっかかりやすいのか。被害が出ているという話も聞きます。

上記3社のメールは特に注意して見るようにしましょう。
OCFでは、これらの危険メールを見つけ次第、全文を晒して公開しています。
もし、メールの文面でこのページが引っかかった方がいたら、ご注意を。
そのメールは詐欺メールです

というわけで、今回はAmazonを装ったメールをご紹介します。

■アカウント認証を迫ってくるAmazonメール

Amazon詐欺メール

メール全文(赤字はこちらで注釈として入れたものです)
——————————————————————————————–
【差出人】Amazon Care([email protected]
【件名】アカウント情報検証を完成してください。
【本文】
(Amazonのロゴ)

Amazon 注文履歴 | アカウントサービス | Amazon.co.jp (それぞれに詐欺リンクあり)

配達のお知らせ
注文履歴: 250-0183846-8566205(ここに詐欺リンクあり)

=n�!�e
Amazonをご利用いただきありがとうございます。お客様のAmazon ID情報の一部分は不足、あるいは正しくないです、お客様のアカウント情報を保護するために、検証する必要があります。

ご注意:24時間以内にお客様からのお返事がない場合にはアカウントはロックされます。

アカウント検証(ここに詐欺リンクあり)

なぜこのメールを受け取ったのだろうか?

この電子メールは、定期的なセキュリティチェック中に自動的に送信されました。当社はお客様のアカウント情報に完全に満足しておらず、引き続きサービスを継続的にこ利用いただくためにアカウントを更新する必要があります。
今後ともよろしくお願い致します。
Amazon.co.jp
——————————————————————————————–

■アドレス見てもわからないケースも?

今回のAmazonを装った詐欺メールの場合、貼られているリンク先に「Amazon」の文字が入っているため、騙されてしまう可能性が高そうです。
こういうメールを見分けるのには、差出人のメールアドレスを見てみるとわかりやすいと思います。
このメールでは、[email protected]となっています。
こんなアドレスをAmazonの公式が使うとは考えられません

このメール見つけたら即行無視して削除を徹底してください。
詐欺メールを撲滅させるにはそれが一番有効ですから。

なお、怪しいオンラインカジノに登録すると、それだけでメールアドレスほか個人情報が流出する危険性もあります。
その情報を利用して詐欺メールを送ってくることも考えられますので、オンラインカジノ選びも慎重にしてください。

そんなことがないように、OCFがおススメする安心して遊べるカジノをご紹介しておきます。

ジパングカジノ
インターカジノ
カジノエックス



コメント

「【危険メールニュース】Amazonからのメールにご注意を」へのコメントはまだありません。

「【危険メールニュース】Amazonからのメールにご注意を」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)