イギリス インターネットギャンブルの税法改正か? ( 2013年03月10日 )

みなさんもご存知の通り、オンラインカジノやスポーツブックの運営会社はどこかしらの国の機関よりオンラインギャンブルを行うライセンスを取得して合法的に運営を行っています。

ライセンスを発行している国によっても規律基準や、運営への介入度が違うので一概には言えないのですが、基本的にライセンスを発行する機関は、プレーの公平性、運営会社が規律の準拠するよう指導する、またはマン島ではプレーヤーへの資金の保証なども義務付けし、またプレーヤーとカジノの間で問題が出た場合にも苦情などを受け付けて調査した上で問題解決にあたるわけです。

イギリスは、オンラインギャンブルのライセンスを発行した最初の国の一つですが(合法化したということ)、2005年に、イギリスでライセンスを受けたオンライン賭事業者に対し、粗利益の15%を税金をとして払うよう定められました。
その際に、イギリスオンライン賭事業者のほとんどが、もっと税金の安いオフショアのライセンス発行国(ジブラルタルやマン島など)に事業を移転したのですが、イギリス政府はイギリス人よりのベットに関してはさらなる15%
http://pokerfuse.com/news/law-and-regulation/william-hill-gibraltar-regulator-slam-uk-legislative-plans-30-01/
http://www.jairs.jp/contents/w_news/2008/2/1.html
http://www.jairs.jp/contents/newsprot/2013/10/3.html
http://pokerfuse.com/news/law-and-regulation/william-hill-to-challenge-illegal-uk-online-gambling-tax-plans/