プロバイダ徹底比較 その3 ( 2019年01月10日 )

本日も5つのプロバイダを紹介

ワンダリーノで遊べるプロバイダを徹底比較しているこの企画。
第3回となった今回も5つのプロバイダを解説します。
普段は意識しないかもしれませんが、プロバイダを知るとゲーム選びはとても楽しくなります。

ここで紹介しているすべてのプロバイダはワンダリーノで遊べますので、興味があればぜひ覗いてみてください。

ワンダリーノカジノへアクセス

■中小プロバイダだって負けてはいない

genii
genii(ジーニーアイ)

前回も紹介したオンラインカジノの卸会社iGamingに属しているベンチャー企業がジーニーアイです。
正確な設立日は不明ですが、2003年~2004年ごろと思われます。
イギリス、マルタ、ベトナムが拠点です。
ここもベンチャーらしく新しいスロットの開発に力を入れています。
特に3Dに関してはこだわりを持っていて、グラフィックはかなりきれいです。
代表作「Arcadia i3D」

■多くの企業と連携プレーするプロバイダ

NYX
NYX(エヌワイエックス)

エヌワイエックスは正確にはプロバイダとは呼べないかもしれません。
独自にゲームを開発することはなく、基本的にはゲームの卸の仕事をしています
が、ただの卸でもなく、卸と卸をつなげたりするなど、とにかくパイプ役に徹底しているプロバイダです。
iGamingSGグループとも関係があり、NEXTGEN(ネクストゲン)のゲームも提供しています。
そのため、NYX関連のゲームは多数に及びます。
設立は1999年、アメリカの企業で、なんというか不思議な会社としか言いようがありません。
ただし、それだけのつながりを維持できるという点で信頼性は抜群です。

■新興プロバイダの中では群を抜いた存在

yggdrasil
YGGDRASIL(ユグドラシル)

設立は2013年にスウェーデンで設立された非常に若いプロバイダなのですが、その存在感はとんでもありません
ゲーム性、グラフィック、操作性など他を寄せつけないほどに圧倒的で、新興プロバイダのなかではトップと言い切っても過言ではないと思います。
その証拠にユグドラシルは数々の賞を総なめにしました。
プレイヤーの中にはユグドラシルのゲームでしか遊ばないという人もいるほどです。
製作はスロットのみですが、自社ゲームで独自にプロモーションを展開するなど、開発以外の部分でも注目を浴びています。
いま、最もノリに乗っているプロバイダと言っていいと思います。
代表作「VALLEY Of THE GODS」

■職人気質的なスロットが人気

Leander
Leander(リアンダー)

スロットを中心にゲーム開発を続けているプロバイダ。
2008年にアルゼンチンのブエノスアイレスで設立されました。
大手プロバイダのように次々にゲームを開発するでもなく、新興プロバイダのように目新しさを目指すのでもなく、地味にコツコツと質の高いスロットを開発しています。
その姿はまるで職人のようです。
あまり有名ではありませんが、信頼性においては抜群のプロバイダでしょう。
代表作「3 Blind Mice」

■新興プロバイダの成功者

PLAYSON
PLAYSON(プレイソン)

2012年にマルタで設立されたプロバイダです。
新興プロバイダのひとつであるプレイソンですが、テーブルゲーム、スロットなど幅広くゲームを開発していて、現在は大手に引けを取らないほどに成長しています。
新興プロバイダの中では最も成功した企業と言っていいかもしれません。
現在では数多くのオンラインカジノで遊ぶことができ、名前を知っている人も多いかと思います。
特に特徴的な部分はないのですが、その分、安心して遊べるゲームが多いです。
代表作「LEGEND OF CLEOPATRA」

今回も5つのプロバイダを紹介してみました。
個人的にはこの中ではユグドラシルが群を抜いている感がします。
ここのゲームは一度遊んでみるといいですよ。

すべてのゲームはワンダリーノで遊ぶことができます(ほかのハイブリッド系カジノでも一部遊べます)。
気になった方はぜひワンダリーノにアクセスしてみてください。

ワンダリーノカジノへアクセス

ワンダリーノ徹底レビュー
ワンダリーノ登録マニュアル
ワンダリーノのプロモ情報



コメント

「プロバイダ徹底比較 その3」へのコメントはまだありません。

「プロバイダ徹底比較 その3」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)