激戦模様の仮想通貨業界に新たな風が吹く? ( 2018年12月1日 )

予想外のところからカジノ仮想通貨の本命が登場!?

ビットコイン

オンラインカジノと仮想通貨との相性はいいと言われています。
そのため、いろいろなカジノが仮想通貨の運用を模索している最中なのですが、実際のところはあまり成功しているとは言えません。
現在のところ、唯一、Bitcoin(ビットコイン)のみが使われているような状況です。

しかし、ここへ来て、ちょっととんでもない仮想通貨の情報が入ってきました。
これはもしかするともしかします。
というぐらいかなり強力な仮想通貨です。
事前の情報がなかったのでこちらも驚きなのですが、内容を知るとひょっとするとという気になってきます。
今回はそんな仮想通貨について触れてみたいと思います。

ちなみに、過去に仮想通貨に関連した記事はこちらから読めます。

オンラインカジノで仮想通貨が使える日
オンラインカジノで使える仮想通貨に大本命が登場!?
このままいくと仮想通貨戦争が始まるかもしれない?
ビットコインに代わる新仮想通貨の登場か!?

■その仮想通貨はシンガポールから生まれた

シンガポールにあるCHAIN BASE PTE.LTD.(以下、チェインベース)という会社が手がけたのは「NEVULA(ネビュラ)」という仮想通貨でした。
それまでは、おそらく今後カジノでメインで使われるのはBitcoinかCardano(カルダノ)だろうという意見が多く、ネビュラという名前すら知らない人がほとんどだったと言ってもいいでしょう。
しかし、ネビュラはいきなり5000万ドル(約57億円)をICOによって資金調達することに成功します。

こういうと難しそうですが、ものすごく簡単に言うと、5000万ドルをネビュラとして流通させてしまったのです。
つまり、いまこの瞬間、世の中に57億円分のネビュラを持っている人がいるということです(もちろん使えます)。
この金額はネピュラが仮想通貨として成立するための最低金額で、ここからネビュラがはじまると言ってもいいでしょう。

■具体的にカジノとの提携をはじめたネビュラ

ネビュラの大きな特長して、カジノとの連携が挙げられます。
すでに多くのカジノとの提携をはじめているネビュラは、事実上、マカオ・カンボジア・マレーシア・フィリピン・オーストラリア・サイパン・ロシア・韓国のカジノで利用することができるのです。
これはもう、なんと言うか、すごいのひと言です。

ネビュラの勢いはとどまるところを知りません。
「グローバルゲーミングエキスポ(G2E)アジア」と並ぶ、カジノ業界の一大イベント「マカオゲーミングショー(MGS)」で、最優秀コンテンツ賞を受賞してしまったのです。
要はカジノ関係の人たちにとっても大注目の仮想通貨になったということです。

■ネビュラの今後の動きに驚き

ここまで紹介しているだけでもネビュラのすごさは伝わると思います。
しかし、そこで終わらないのがネビュラのさらにとんでもないところです。

なんと、日本のバンダイナムコグループと提携して、ネピュラが利用できる「鉄拳」のビデオスロットを開発中というのです。
「鉄拳」は海外でも大人気のゲームですので、これが実現すればカジノ業界の一大ニュースになることは間違いありません。

さらに、ネビュラはOEX、KEX、Bluebelt、SoarEXといった世界各国の仮想通貨取引所とも提携しています。
予定では、2019年第1クオーターに上場し、同時期にカジノで利用できるとのこと。
2020年には世界のカジノ主要都市にあるランドベースカジノとオンラインカジノに導入する計画が立てられています。

次に来るのはカルダノ(エイダコイン)に違いないと思っていた人も、ここまで来るとネビュラに注目しないではいられないでしょう。
はてさて、カジノ業界の仮想通貨を制するのはどこなのか。
ここ数年が勝負になると思われます。みなさん、気を付けて見守りましょう。

最後に現在のところBitcoin(ビットコイン)の使えるカジノの記事を付けておきます。

ビットコインの使えるカジノ一覧



コメント

「激戦模様の仮想通貨業界に新たな風が吹く?」へのコメントはまだありません。

「激戦模様の仮想通貨業界に新たな風が吹く?」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)