「カジノ遊びに魅せられて」 byジョー介 第193回 ( 2018年07月23日 )

(本記事は無料プレイの体験記事です)

うだるような、暑さです。

本当にここ日本なんでしょうか。
太陽さん、赤道直下あたりと間違えてません?

とてもとても、外になんて出られません。

そしてですね、広島のみなさま、大丈夫でしょうか。
あの豪雨以来、暑い日が続きます。

なによりもまずは体調です。
くれぐれも倒れてしまうことのないよう、ご自愛を。

ではでは、フライパンのうえのような本日のお相手は。
チェリーカジノより、「JUMANJI」です。

jumanji

懐かしいですねぇ。
懐かしいでしょ?

30代くらいの方々にはどんぴしゃかと思います。
20代前半くらいになると、ご存じないかもしれません。

最近、新しいジュマンジの映画が公開されましたが、このスロットのジュマンジは、古い方ですね。
ボードゲームですから。

新しい方の映画、評判いいですよね。
ジョー介、まだ観ていないんですけれど、ザ・ロックことドウェイン・ジョンソン氏が出演する映画はおもしろいと決まっていますから!

ジョー介、ドウェイン・ジョンソン氏、大好きなんですよ。

カッコいい、デカい、コミカルなどなど。
現代のアーノルド・シュワルツェネッガー的なイメージです。

おっと、話がそれましたね。

今回は古い方のジュマンジ。
よくみるとリールの周囲がボードゲームです。

おっと!
話しがそれているうちに。

何か来た

サイの群れが走ってきました。

これ実際こんな状況になると怖いな…、って、ちょっと思ってしまいました。

えっとですね、サイの群れは回転中にやってきます。
通り過ぎるとですね。

ワイルド変更

一部の絵柄をワイルド絵柄に変更してくれます。
これだけのワイルド絵柄が並ぶと、壮観です。

圧倒的画面

見た目にも気持ちいいですし、なによりリターンがぐいっと増えますからね。
たまりません。

…。
と、思いきやなんです。

えっ?

このジュマンジ、上画像くらいのリターンなら、意外とポンっときやがるんですよ。
つまり、さきほどのサイ・ワイルドは、どちらかというとしょぼい結果だったということなんですね。

見栄えはすばらしいのですけれど、ぬか喜びだと思ったらちょっと悔しくなってきました。

しかし!
しかし、です。

続き
さらに続き

さきほど、ジョー介をぬか喜びさせてくれたあとやってきたボーナス。
これはですね、ジュマンジという感じで、すばらしいものでした。

緑の丸でボーナスゲットを知らせてくれたあとは、「コマ」を選びます。
すごろくなどで、自分の位置を示すアレです。

今回はちょっと悔しかったので、リベンジの意味も込めて、サイを選びました。

つづいてさいころを振り…。

サイコロチャンス

さてこのさいころが妙にリアルなんです。
左から、スマートフォンを弄るようにスワイプするんですけれども。

実際にさいころを振ったように、うまいこと弾いたり転がったりするんですわ。
感動する覚える、デキだと感じました。

ほいでその後は、出た目の分、進み…。

出た分進む

右側にサイがいるの、お分かりになります?
今回はこのマスに止まり、ちょびっとのボーナスをゲット。

これを何度か繰返し、ボーナス、そしてフリースピンへと至るわけです。
さてさて、問題のフリースピンですが…。

フリースピン

止まったのはサルのゾーン。
3匹のサルが、なにやらうごめいているゾーンです。

このフリースピン、止まった位置を担当する動物によって、特典があります。
サルのゾーンでは、スピン後、サルが絵柄を動かしてくれるというものなんですが。

これがね。

サル

キモいんです。

スピンが終わると、絵柄と絵柄の間から、手がニョキッと現れましてですね。
うごめくわけです。

リターンが多くなるのはうれしいのですが。
背筋もゾゾッとしてしまいます。

フリースピンが終了しますと、一旦ボードゲームに戻りまして。
またさいころ振りがスタート。

ちょびっとボーナスやらなにやらを獲得できます。
さて、そして、もろもろ合わせた合計がこちらです。

結果報告

前述のサイ、およそ3回分と考えると、なんだか微妙な気がしないでもないですね。
ポンっといいリターンがきてしまう本スロットだけに、ちょっと残念なラスト。

うーむむむ。

好きな作品なんでね、もうちょっといいところをお見せしたかったのですが…。

ダメなときはダメですね。
切り替えて次にまいりましょう!

by ジョー介

チェリーカジノへアクセス

チェリーカジノ徹底レビュー
チェリーカジノ登録マニュアル



コメント

「「カジノ遊びに魅せられて」 byジョー介 第193回」へのコメントはまだありません。

「「カジノ遊びに魅せられて」 byジョー介 第193回」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)