「カジノ遊びに魅せられて」 byジョー介 第184回 ( 2018年03月2日 )

(本記事は無料プレイの体験記事です)

普通の日は雨模様。
あたたかい日は大惨事。

ちょっと鼻が大変です。

2月の末くらいからでしょうか。
あたたかーくなってくるとともに目がうずうず。

やばい花粉だ! と思いだしたころにはもう遅い。

毎年のことなんですけれど、なんとなく忘れて、油断してしまいます。
進歩ねーなー。

さて。目も鼻も大変な本日のお相手は。
エベレストカジノより、「Bounty of the Beanstalk」です。

Bounty of the Beanstalk

ネットで翻訳すると、「豆の恩恵」とでてきます。
てっきりジャックと豆の木に類するものだと思ってたのですが、違うんでしょうか。

無学ジョー介には分かりかねます。

「ジャックと豆の木」、どんな話だったか覚えてます?
豆の木をジャックが登って巨人がどうの、ってのは覚えているんですけれど。

その後は…、鶏だったかな?
金の卵がなんたらこうたら。

なんだかなー、子供のころの絵本くらいでしか存じておりませんのでね。
憶えてないないなー。

ま、その辺はさておき。
ご覧の通り、海外のアニメっぽい、よく動くスロットです。

右の少年のまぶしすぎる笑顔もいいんですが、ジョー介は牛が好きですね。

牛

ちょっと小さいんですけれど、もう、いかにもでしょ?
この牛さんを一目見て、その瞬間に今日はこれにしようと決めました。

この牛さんが特別何かをするというわけではないのですけれど、愛らしいヤツです。

前回のような再スピンなどは今回はないようですね。
ちょっと残念。

さてさて、今日は早かったです。

前回はねー、なんだかやたらと長い印象だったのですけれど。
今回はあっという間でした。

フリースピン

フリースピン、10回。

右に立つ少年、なんだろなんだかかわいい顔してる…。

フリースピンの中身の方はといいますと。
いたって普通…、でもなさそうです。

画像の右側、少年のうえのあたりにご注目。

少年の上

でっか…。

えらく大きな指が現れました。
やっぱり「ジャックと豆の木」で間違いなさそうですね。

雲の上の巨人なんでしょうけれども、なにをしようとしてるんでしょうか。
すでに少年、もといジャックは金の卵を産む鶏を盗んだのかな?

とにもかくにも、スロット的にはこういうことのようです。

登る

左側と右から2番目のリール、その最上段ですね。
絵柄が固定されました。

指が降りてきて、ジャックが逃げて。
指が地面をたたくと、絵柄がロックされまして。
ちなみに、1スピンにつき数回起こるようですね。

ジョー介は最大2連続を確認しました。

この指ロック、なかなかすごいですよ?
10回のスピンで気づけばこの状態ですからね。

指ロック状態

では、ご覧あれ。
指ロックにて得られた大きな大きなリターンを!!

リターン

はい。

最終的にはちょっとばかし微妙でした。
指ロック次第ではもうちょっと大きく膨らんだのかもしれません。

金の卵を産む鶏、ジョー介のところにもやってこないかなー…。

by ジョー介

エベレストカジノへアクセス


Everest_120.jpg
エベレストカジノのサイトへ
エベレストカジノの詳細
エベレストカジノ OCF限定ボーナス