ラッキーニッキーの新台導入情報 ( 2018年06月23日 )

ラッキーニッキーのスロットに新台が続々と追加されています。
まったく新しい機種あり、人気の台ありとバリエーションはさまざま。
そのいくつかをゲームメーカー(プロバイダ)ごとに紹介しようと思います。

まずはYggdrasil(ユグドラシル)から。
いまや一番勢いのあるゲームメーカーと言っても過言ではなくなったユグドラシルからは、大人気スロット「Vikings go to Hell 」がリリースされました。

Yggdrasil「Vikings go to Hell 」
ユグドラシル

大手ゲームメーカーも負けてはいません。
Microgaming(マイクロゲーミング)からは「Samurai Ken」がリリース。
かなりアジアチックなスロットで、どこか懐かしい感じがしますね。

Microgaming「Samurai Ken」
マイクロゲーミング

こちらも大手。
NETENT(ネットエント)のゲームでは「Lost Relics」が導入。
いかにもネットエントらしい王道な作りのスロットと見ました。
トレジャーハンティングものと言ってもいいかもしれません。

NETENT「Lost Relics」
ネットエント

その他、今回大量導入されたのがGAMEART(ゲームアート)社製のスロットです。
まだまだ知名度はそれほど高くはありませんが、これからに期待したいメーカーです。

GAMEART「Spartans Legacy」
ゲームアート

このほかにもGAMEART社製では「King of Monkeys」「Gold of Ra」「Storming Flame」が導入されています。
気になる人は、無料体験版をぜひ一度お試しください。新しいメーカーの一面が見られると思いますよ。

ラッキーニッキーカジノへアクセス

ラッキーニッキー徹底レビュー
ラッキーニッキー登録マニュアル
ラッキーニッキーのプロモ情報



コメント

「ラッキーニッキーの新台導入情報」へのコメントはまだありません。

「ラッキーニッキーの新台導入情報」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)