ゲームレビュー 「Jacks or Better50ライン」 by ゲーム仙人 ( 2012年02月27日 )



Jacks or Better50ライン
ふだんスロットばかり遊んでおって、パチンコよりもパチスロを好んで遊んでおるんじゃが、今回は趣向を変えてビデオポーカーじゃ。
でビデオポーカーでも、そのペイアウト率の高さで人気の『Jacks or Better』が、今回のターゲットじゃ。
タイトルどおりジャック以上が優遇されとるわけじゃな。
ジャック、クイーン、キング、エースはワンペアで配当がある。
そして、その50ライン版が『Jacks or Better50ライン』というわけじゃ。

特徴 優れた点
50ラインという名の通り、なんと画面上には50組のカードが配置される。
基本となるのが、画面下の一組。
まず、ここでHOLDするカードを決めると、残りの49組も同じカードがHOLDされる。
ここで50ライン機の本領発揮じゃ。
50通りの可能性が試されるわけじゃよ。
1ゲームで、ほぼ必ずどこかで配当が得られるわけじゃ。
とくにジャック以上で成立するワンペアを押さえておけば確実じゃな。
ただ、そこはポーカーらしく、そう簡単には大きな配当のある役は成立せん。
そこでダブルアップじゃ。
ダブルアップは最大2000ドルまで増やすことが可能になっとる。
もちろん、毎回高みを目指すのもアリじゃが、堅実に賭け金を超えたらコレクトするという戦略もある。
50ラインもあるので、MAXベットは125ドルまで可能じゃが、ダブルアップをうまく活用すれば、ほとんど賭け金を減らすことなくプレイし続けることも
できるわけじゃな。
しかも、最強のロイヤルフラッシュが出れば、一撃4000ドル!!
まさに立ち回り次第では、ローリスク・ハイリターンも不可能ではない。

改善点
シングルラインの『Jacks or Better』と比べると、ペイアウト率も抑え気味なのは仕方ない。
その分、毎ゲーム50通りもの可能性を試せるわけじゃが、さすがにこれではポーカーの醍醐味も薄まるというものじゃ。
しかも、このゲームにはジョーカーが採用されとらんので、HOLDするカードによっては一切役が成立しないという珍現象だってあり得ないことでもない。
ダブルアップも、必ず大きな札があるとも限らないので、引き時を考えることも必要じゃな。
良いところまで来たら、コレクトしたりハーフダブルで賭け金を確保するなどの戦略が重要となるじゃろう。

総評・まとめ
同じビデオポーカーでも『キングオアベタ』と違って、ジャック以上なのでワンペアの確率も高く、なにより配当も良い。
2回もダブルアップに成功すれば、賭け金は回収可能。
プレイヤー側に有利なビデオポーカーじゃと言える。
あとは、ちょっとの運と駆け引き。
実際のポーカーみたいなポーカーフェイスは必要ないから、思いっきりエキサイトしながらプレイできるわけじゃな。
それに、この50ラインの威力は体感してみれば病みつきになるじゃろう。
もし、ロイヤルストレートフラッシュが最初に成立したら…なんて夢想すれば、50ラインの至福がプレイヤーに訪れることも!!
…あるかもしれんな。

by ゲーム仙人サイトー

■得点

スペック
ライン
数:
50

評価項目 各10点
ギャンブル度: 7
ボーナス・演出度: 6
オリジナリティ: 7
グラフィック: 7
プレイの快適さ: 8
総合得点: 35

ランク

詳細情報

タイトル:Jacks or Better50ライン
開発元:プレイテック
リリース:

プレイ可能なカジノのリンクタグ


ウィリアムヒルカジノの詳細
ウィリアムヒルカジノのサイトへ
ウィリアムヒルカジノの登録方法
OCF限定ボーナス