第18回 世界のスギヤマのオンラインカジノ体験記  スギヤマ、カードにどっぷりハマるの巻 ( 2011年02月20日 )

どうもー、ここのところカードゲームの虜になっている
世界のスギヤマです。

だってね、楽しいんですよ、これがまた。
「ここはこうだ!!」とか「この手が正解!!」とか、
いろいろ考えることがありつつ、でも直感勝負の部分もあって。

あぁぁぁ。もう、説明なんかいらん。
というわけで、論より証拠。今回は前置きなしにはじめます。

で、今回はどんなカードゲームで遊ぼうかなぁと思って、
おなじみジパングさんでうろうろと探していたところ、
スギヤマ、すんごいゲームを見つけてしまいました。
その名も「50ライン ジョーカーポーカー」。

これ、何がすごいって……。

ここで出し惜しみ。
先にここで遊べるポーカーの「役」を説明します。
倍率の一覧表はこの通り。

基本的には通常のポーカーと同じなのですが、ちょっとだけ違っている部分もありますので、おさらいしておきましょう。
まずは「キングオアベタ」

これは「K」か「A」のワンペアのこと。
これ以外のワンペアは役にならない、と。

続いて順番に、
2枚揃いのカードが2組ある「ツーペア」、
カードが3枚揃っている「スリーカード」、
5枚のカードの順番が揃っている「ストレート」、



さらに揃えづらいクラスの役だと、
5枚のカードのマークがすべて同じの「フラッシュ」、
2枚と3枚の組になっている「フルハウス」、
4枚同じカードがある「フォーカード」、



そして、ほとんど揃うことのない超難関役が、
マークが同じで順番が揃っている「ストレートフラッシュ」、
マークが同じで、10、J、Q、K、Aの5枚が揃った「ロイヤルフラッシュ」、
(これだけ画像ないです、すみません)
5枚のカードが揃った「ファイブカード」。


注意したいのは、ジョーカーが入っているとこと、
通常のポーカーの「ロイヤルストレート」が「ストレート」の扱いになるというとこですね。気をつけねば。
ちなみに、ジョーカーが入った「ロイヤルストレート」は、入らない物と区別されているみたいです。「N.ロイヤルフラッシュ」というのが入らないほうで最
高の倍率になってますね。

ということで、そろそろこのゲームの何がすごいのかを、お教えしましょう。
これを見よ。

うほっ。
なんと、このゲーム、同時に50組のポーカーが楽しめるらしいのです。
うーむ、すさまじい。
ここまでくると圧巻です。

だからと言って臆するスギヤマではありません。
初めてでも男気ひとつで勝負しますよ、僕は。
んじゃ、行くぜ!!

まずは賭け金を設定して、どのカードを残すかを決める、と。

うーん。
しばし悩んだ結果のスギヤマチョイスは「スペードのK」と「ハートのA」。
理由は簡単。
だって、この2枚ならもう一枚同じカードを引くだけで、
「キングオアベタ」の役が成立するじゃん。
これで決まりでしょ。
よし。ホールドして「ディール」で勝負!!

おぉぉぉ。さらにすさまじい。
ズラーッと結果が表示されました。
「スリーカード」とか「ストレート」とかできているけど、
トータル賞金が賭け金より少ない……。
ってことは、結果は負け?

いやいや、勝負はまだまだこれから。
ダブルアップ画面がちゃんと出てるじゃありませんか。
こんなところで負け金ゲットなどスギヤマの辞書にはありません。
ハーフダブルももちろんなし。

男は黙ってダブルアップ勝負!!

ふむ。左端のカードより大きい数字を出せばいいわけだな。
スギヤマ、しばし熟考。
そして下した結論は「右から2枚目」。
勝負を賭けてクリック!!!

よっしゃぁ、勝利!!
これで倍額。まだ賭け金には届きませんが、
ここは序盤ということで様子見だな。
「集める」で回収モード突入。

よしよし、次のゲームをスタート!!

うっほほーい。ナイスカード。
最初から「キンベタ」確定ですよ。
つまり、元金+プラスアルファなわけですよ。

もう、笑いが止まらん。
「ディール」!!!

あれっ? 思ってたよりも高くないなぁ。
でも、ここは堅実に「集める」だよな、やっぱり。
よし、次。

すげぇ、俺。
またもや連続で「キンベタ」確定。
こんなん、無条件でディールでしょ。
ポチッ、と。

あっ。
押してから気づきました。
バカ、バカ、バカな俺……。

これって、10と3もホールドすれば、
「キンベタ」確定に加えて「フラッシュ」リーチじゃん。
あぁぁぁ。

でも、結構勝ってるよ。
まっいいか。
回収、回収。

とまぁ、こんな感じで2時間ほどバシバシ楽しく遊ばせていただきました。
で、結果はと言うと、マイナス124ドル……。

いや、言い訳じゃないんですけどね、
これ、意外とカードの選択が難しいんですよ。
例えば、こんな札の場合。

スペードのフラッシュをストレート絡みで狙うならこうでしょ。

でも、無難にツーペアかスリーカード、
あわよくばフルハウス、フォーカード狙いだとこう。

ほかにも一か八かでハートのフラッシュ狙うならこうだし。

ストレート狙いでこんなのもありだと思うし。

とにかく50パターンあるということは、
どんな役でも可能性は「かなり」高いわけで、
そう考えると、もう正解がわからんのです……。

しかも、ダブルアップの駆け引きがまた難しい。
だってさ、だって、こんなんなった時、

ダブルアップに行く?
ね、難しいでしょ?

でかく勝ちにいくなら「ダブルアップ」、
でも堅実に勝ちを収めるなら「集める」。
保険をかけての「ハーフダブル」もまた一興。
こうなると、スギの小さな脳みそはもうパンク寸前なのですよ。

で、負けたわけです。
ああ、負けましたともさ。
負けさ、負け。

そんな負け犬のスギヤマから、アドバイスをひとつ。

電卓片手にしっかり「勝ち額・負け額」を数えて勝負にいけば、
絶対にこのゲーム、勝てます。
ただし、それができずに気分で遊んでしまった場合は……負けです。

でも、楽しいから遊んじゃうんだよな、これが。

[今回までの収支]
今回分 -124$
トータル -17$
残り 883$

※一言コメント。
「また、トータルでマイナスに突入してしまった……」

by 世界のスギヤマ

【次回に続く】




ジパングカジノの詳細
ジパングカジノへアクセス
ダウンロードはこちら