逮捕

  • 今後のオンラインカジノを予想してみる

    日々変化し続けるオンラインカジノの世界 あまり変化がないように見えるオンラインカジノの世界ですが、じつはここ数年で結構大きく変わってきた部分もあります。 一番目立つようになったのは、スマホ対応になってきた点でしょう。 一部未対応のカジノもまだありますが、いまではほとんどが対応しています。 また、ライブゲームが充実してきたのも見逃せません。 これはプロバイダEvolutionGaming(エヴリューションゲーミング)の台...

    (2019年05月15日)

  • ネットカジノがまた摘発! 今度は九州で

    ネットカジノの摘発はしょっちゅう起きている お店のインターネットでカジノを開いて逮捕されるニュースが続発しています。 いわゆる「ネットカジノ」と呼ばれる世界です。 オンラインカジノと誤解されるケースが多いので書いておきますが、ネットカジノ店を開き、客に遊ばせる行為は確実に違法行為=犯罪です。 遊ばせた側も遊んだ人も逮捕されますので、絶対に行かないようにしてください。 ■今回の事件は福岡県で起こってい...

    (2019年04月9日)

  • 大阪のネットカジノ店で発砲事件が発生

    衝撃的な事件が発生 本日(3月11日)、大阪で耳を疑うような事件が発生しました。 ネットカジノ店で男が男性2人に発砲したというのです。 場所は大阪のミナミにあたる宗衛門町。 時刻は11日の午前0時40分ごろ。 インターネットカジノ店で、従業員と客それぞれ一名ずつが男に拳銃で撃たれました。 警察によると、男は入店直後に拳銃を発砲、男性従業員(42)が頭部を撃たれ意識不明の重体、男性客(32)が胸を撃たれて重傷との...

    (2019年03月11日)

  • 相次ぐネットカジノ逮捕 オンラインカジノは大丈夫?

    毎年のように摘発されているネットカジノ あまり大きく扱われませんが、じつはネットカジノの逮捕というのはよくあります。 2018年からの記録をざっと見てみると、 5月 さいたま市大宮区の違法インターネットカジノ店が摘発。常習賭博の疑いで男5人を逮捕。 7月 神奈川県警生活保安課が賭博場を開いて客に賭博をさせたとして、賭博開帳図利容疑で、カジノ賭博店店長ら3人を現行犯逮捕。 7月 神奈川県警生活保安課は2...

    (2019年03月3日)

  • オンラインカジノをはじめようと思ってる人への忠告

    これからオンラインカジノをはじめる方へ ここを読んでる方の中には「興味はあるけどまだ手は出していない」という人も多いと思います。 そんな方のために、今回はオンラインカジノをはじめたばかりの時に出会いそうな注意事項をご案内します。 「そんなことは知ってるよ」という方は、読み飛ばしてくださいね。 ■オンラインカジノでもらえるボーナス オンラインカジノの世界には「ボーナス」という仕組みがあります。 これ...

    (2018年11月24日)

  • オンラインカジノの実店舗は危険がいっぱい

    問題多出のネットカジノ店 「オンラインカジノ」とは別に、実際に店舗を構えてお客にオンラインカジノを遊ばせる店を「ネットカジノ」と呼びます。 実際にお金が賭けられるネットカジノは、日本国内の法律では完全に違法ですので警察の手が入ることもしばしばです。 よくニュースになる「オンラインカジノで逮捕」というニュースは、ほぼこの系統だと思っても間違いはありません。 (▶最近も自衛官が逮捕される事件がありまし...

    (2018年10月12日)

  • ネットカジノ店で賭博行為! 今度は自衛官!?

    (写真はイメージです) 定期的に出てくるネットカジノ店の情報ですが、またまた現れました。 今回、問題となったのはなんと現役の自衛官。 陸上自衛隊守山駐屯地所属の普通科連隊の男性陸士長とのことです。 この陸士長、ネットカジノ店にはかなり通い詰めていたらしく、部下を引き連れて行ったこともあったとか。 これだけ聞くと、相当の常連だったと想像できます。ちなみに陸士長は懲戒免職、連れていかれた部下たちも懲...

    (2018年09月4日)

  • 日本のパチンコ・パチスロは換金禁止になるのか?

    ほんの数日前、菅官房長官が発したひと言をきっかけに、「パチンコ・パチスロは換金禁止になる」という噂が飛び回りました。 「換金禁止」が注目キーワード等にもなったので、目にした人も多いと思います。 今回はこの問題について考えてみます。 まず、菅官房長官の実際の発言を見てみましょう。 「今まで日本はギャンブル依存症対策を全くしてなかった。今回を機に作らせて頂いた。 競馬・競輪、同居する家族が反対すれ...

    (2018年07月27日)

  • オンラインカジノで逮捕されないためにこれだけは守っておこう

    オンラインカジノで遊んではみたいけど、違法っぽいし、捕まったりするんじゃないの? と、初めての人の中には心配な人も多いと思います。 実際、オンラインカジノで儲けて逮捕されてしまった人も実在します。 ぶっちゃけて言ってしまえばオンラインカジノの世界というのはものすごくグレーゾーンですので、そういう危険性もなきにしもあらずなのです(もちろん、完全に違法というわけでもありません)。 ただ、気をつけてい...

    (2018年05月5日)

  • いまさら聞けないカジノ用語18「インカジ」

    オンラインカジノのことを省略して「オンカジ」と呼ぶことがあります。 これに対して、「インカジ」はインターネットカジノの略称です。 似ているようで、内容はまったく別。 この点を今回は説明しようと思います。 「オンカジ」と「インカジ」の一番の違いは、実店舗があるかどうかです。 オンカジと違い、「インカジ」は実際にお店でプレイします。 入金や換金もすべてお店で。一見、便利なように見えますが、これ、完全に...

    (2018年01月24日)

  • 福岡のカジノカフェ=アングラカジノで摘発

    いい加減、こういう摘発を「ネットカジノ」とか「ネット賭博」として報道するのは止めてほしいものです。 福岡・中洲のネットカジノ店捜索 飯塚市職員の客ら逮捕 (asahi.com) インターネットを利用して客に賭博をさせたとして、福岡県警は16日、福岡・中洲のインターネットカジノ店「パッション」を家宅捜索し、同店従業員蓮尾昌広(33)、竹崎充哉(24)の2容疑者を常習賭博の疑いで、賭けをしていた同県飯塚市職員の男(...

    (2007年11月18日)

  • 今度は神奈川でカジノカフェ摘発

    最近同じようなニュースが多いですね。 賭博でネットカフェ摘発 (日刊スポーツ) 神奈川県警暴力団対策課などは3日、常習賭博の現行犯で同県平塚市のインターネットカフェ「ライブドーム」店員安斎信夫容疑者(38)を逮捕、客の会社員(48)を賭博の現行犯で逮捕した。 同課は2005年5月の開店以来、同店が毎月約600万円の利益を上げ、暴力団の資金源となっていたとみて追及している。 調べでは、安斎容疑者は3日午...

    (2006年12月4日)

  • ネットカフェ賭博 岡山で摘発

    ネットカジノ関連の逮捕情報は後を絶ちません。 今回は2006年のニュースのご案内です。この頃からずっと続いているんですね。 みなさん、誘われても行かないようにしてください。 中国地方では初めての摘発ということです。 ネットカジノ店初摘発 従業員ら9人逮捕 (産経新聞) http://www.sankei.co.jp/local/okayama/061126/oky001.htm ネットカフェでパソコン賭博 岡山西署など従業員ら逮捕 (岡山日日新聞) http://www.okanichi.co.jp/20061125125218.html 岡...

    (2006年11月26日)

  • 札幌のカジノカフェで摘発

    今度は札幌です。 札幌のネットカジノ摘発 比に運営会社、日本から10億円送金 (北海道新聞) 札幌中央署は十三日、常習賭博などの現行犯で、札幌市中央区南九西九、オンラインカジノ店経営牧野淳(37)ら三容疑者を逮捕した。 調べでは牧野容疑者らは同日午後四時二十五分ごろ、同市中央区南六西三で経営する「インターネットスクエア エヴォリューション」で、賭博が合法なフィリピンで開設されているネット上のオンライ...

    (2006年09月14日)