【W杯特集】7/6 2018 FIFAワールドカップ ロシア「ウルグアイ vs フランス」 ( 2018年07月2日 )

みなさん、ワールドカップの試合にも賭けられるって知っていました?
スポーツベット(スポーツブック)というのがそうで、世界的にはかなり盛り上がりを見せています。
10betカジノXなどでもできますが、今回はスポーツブックの最大手「ウィリアムヒル」に注目してご紹介します。

ウィリアムヒルのスポーツベットへ


william Hill Sports
ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒルカジノのサイト
ウィリアムヒル スポーツブックサイト
スポーツブック関連マニュアル
ウィリアムヒルスポーツブック登録方法
ウィリアムヒル スポーツブック サッカーベット用語集 その1ウィリアムヒル スポーツブック サッカーベット用語集 その2


サッカー好きによる試合予想、第196回。

ワールドカップ ロシア大会はグループリーグが終了。
ついに決勝トーナメントへと突入します。

グループリーグでは強豪国の苦戦が目立ちました。
いかにタレント揃いといえ、引いて守る相手を破るのは至難の業。
一方、守って守ってカウンター、の国々は、耐えなければなりませんがシンプル故にやることは決まっています。

戦術の転換期がきているのかもしれません。

そして、我らが日本代表は1勝1敗1分でグループを突破。
3位セネガルとは勝ち点、得失点で並び、最後はイエローカードの数で順位を決めるフェアプレーポイントで2位となりました。

ポーランド戦は賛否のある結果でしたが、グループリーグを突破のための英断と考えるべきでしょう。
久しぶりの突破を喜び、そして備えることが今は第一です。

各国が次に目指すはベスト8。
我らが日本がその位置に立つことを期待します!

それではグループラストマッチの結果を見ていきます。

6/25 グループA ウルグアイ vs ロシア
予想は「ウルグアイ 1-3 ロシア」!
結果は「ウルグアイ 0-3 ロシア」!

前半のうちにオウンゴールに退場者とロシアはいいところがありません。
かたやウルグアイは隙のない戦いで危なげなく勝利。

ロシアが駆け抜けるかとも思ったのですが、ウルグアイ、強いですね。

6/25 グループB イラン vs ポルトガル
予想は「イラン 0-2 ポルトガル」!
結果は「イラン 1-1 ポルトガル」!

ポルトガル優位で進んだ前半。イランが巻き返した後半。
最後まで結果の分からないゲームでした。

反面、映像で主審を補助する「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)」にやや振り回された試合でもありました。

6/26 グループC オーストラリア vs ペルー
予想は「オーストラリア 1-0 ペルー」!
結果は「オーストラリア 0-2 ペルー」!

この日は攻撃のパターンがありきたりで、単調だったオーストラリア。
ペルーはしっかりと守備網を敷き、少ないチャンスを確実にモノにしました。

6/26 グループD ナイジェリア vs アルゼンチン
予想は「ナイジェリア 1-2 アルゼンチン」!
結果は「ナイジェリア 1-2 アルゼンチン」

グループリーグ敗退かと心配されていましたが、見事逆転。
アルゼンチンは、戦術にわずかな変化が見られたように思います。

6/27 グループE スイス vs コスタリカ
予想は「スイス 2-0 コスタリカ」!
結果は「スイス 2-2 コスタリカ」

スイスは引き分け狙いで試合に臨んだかもしれません。
序盤は硬さが目立ち、上手く回っていませんでした。
失点はあったものの、最終的には引き分けでトーナメントへと挑みます。

6/27 グループF メキシコ vs スウェーデン
予想は「メキシコ 2-1 スウェーデン」!
結果は「メキシコ 0-3 スウェーデン」!

スウェーデンは前半早々からメキシコを圧倒。
メキシコはスウェーデンの勢いに気圧されたのか、まるで別チームのよう。

後半、あっというまに3点を奪い、大方の予想を裏切る形でグループリーグ突破を決めました。

一方、韓国に歴史的な敗戦を喫した前回大会王者のドイツはグループリーグ敗退。
これで4大会続けて前回大会の王者がグループリーグ敗退することに。
ワールドカップに「呪い」がうまれたのかもしれません。

6/28 グループG イングランド vs ベルギー
予想は「イングランド 1-1 ベルギー」!
結果は「イングランド 0-1 ベルギー」!

主力を温存したベルギーは、これが悪く作用したのか、前半はミスを連発。
しかし後半。
一転して攻撃のリズムをつかみ、先制点を奪うと、その後は危なげなく快勝。
決勝トーナメントへ向け、実のあるラストマッチとなりました。

6/28 グループH 日本 vs ポーランド
予想は「日本 1-0 ポーランド」!
結果は「日本 0-1 ポーランド」!

引き分け以上でグループリーグ突破が決まる日本。
大きくメンバーを入れ替え、試合に挑みましたが、攻撃はことごとく上手くいきません。
何度か訪れたチャンスも失し、後半にはポーランドに先制点を献上。
突破ならずかと思われました。

しかし、他会場でセネガルも失点を喫し、日本とセネガルが同率順位となります。
この情報を得た日本は、不用意に仕掛けず、ラスト10分程度をボール回しに終始。
この試合の勝利でなく、トーナメント突破への勝負をかけます。

結果的に、この試合は敗れたものの、イエローカードの差で日本が2位通過。
一発勝負の次の戦いへ、コマを進めました。

それでは、引き続き決勝トーナメントを予想してみましょう。
7/6 2018 FIFAワールドカップ ロシア「ウルグアイ vs フランス」

ウルグアイ対フランス

私の予想は「ウルグアイ 2-3 フランス」です!

ウイリアムヒル現在のオッズは
ウルグアイ勝利 4.33倍
ドロー 3.10倍
フランス勝利 1.95倍
(オッズは2018年7月1日9時時点のものです)

フランスは激闘を制し、アルゼンチンを。
ウルグアイはリスクを抑え、ポルトガルを。

現代サッカーの2巨星、リオネルメッシとクリスチアーノ・ロナウド。
彼らが率いる優勝候補を撃破し、ベスト8へと進出した両チーム。

とくにフランスの新星、ムバッペ(エムバペ)が躍動し、新たな可能性を感じさせる戦いでした。

さて。
グループリーグを振り返ってみましょう。
ウルグアイは3勝、フランスは2勝1分で突破。

印象としては、
試合が巧いウルグアイ。
若さの勢いを感じるフランス。

といったところでしょうか。
激戦は必至であると、言わざるを得ません。

しかし、ウルグアイにはひとつ心配なニュースがあります。
エースのスアレスの相棒である、カバーニの負傷退場です。

現在のところ、その後のニュースはなく、けがの状態は不明。
けががなくとも、大事を取って欠場させる可能性も、当然あります。
万が一、欠場となると、戦力の大幅ダウンは確実です。

かたやのフランスは、勢いが素晴らしい。
グループリーグでは、スタートこそ心配だったものの、2戦目以降は文句なし。
なにより、ベスト16のアルゼンチン戦を観るにと優勝候補筆頭と考えてしまいます。

ワールドカップのような短期決戦では、実績や能力よりも、勢いが大事です。
事実、実績重視で選手が採用されたドイツは、落ちました。

フランスは出場国中でも若く、若さゆえの勢いがあります。
このような「現状」から、フランスがベスト4へとコマを進めると考えます。

それでは今日はこのあたりで。
外れても怒らないでね!

ウィリアムヒルのスポーツベットへ



ウィリアムヒルカジノクラブの詳細
ウィリアムヒルカジノクラブのサイトへ
ウィリアムヒルカジノクラブの登録方法
OCF限定ボーナス



william Hill Sports
ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒルカジノのサイト
ウィリアムヒル スポーツブックサイト
スポーツブック関連マニュアル
ウィリアムヒルスポーツブック登録方法
ウィリアムヒル スポーツブック サッカーベット用語集 その1ウィリアムヒル スポーツブック サッカーベット用語集 その2




コメント

「【W杯特集】7/6 2018 FIFAワールドカップ ロシア「ウルグアイ vs フランス」」へのコメントはまだありません。

「【W杯特集】7/6 2018 FIFAワールドカップ ロシア「ウルグアイ vs フランス」」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)