円高ドル安とオンラインカジノ ( 2008年03月3日 )

ついに3年ぶりの102円台です。
円、一時102円台=3年1カ月ぶり高値-東京市場 (Yahoo!)

週明け3日午前の東京外国為替市場の円相場は、米国の信用収縮懸念の強まりを背景に続伸して始まり、一時1ドル=102円台に上昇した。円が102円台を付けるのは、2005年1月下旬以来、約3年1カ月ぶり。

ここまで円高になると、NETELLERやClick2Payに入っているドルを円に転換するのは忍びない気もします。
換算レートが110円のときは10万円をATMで出金しても910ドル程度しか引かれなかったのに、102円だとこれが980ドルに跳ね上がります。
逆に、1000ドルを入金しようとしたら、110円のときは11万円必要だったのが、102円であれば10万2,000円で済みます。(いずれも手数料を除いた場合)
為替の話は何がどうなるのか来週のことも分からないので、だからこうした方が良いということは基本的にありません。
ただ、長期的にはドル安が続くと予測する人が最近は多いようで、もしそれが本当だとすると、手元に米ドルが沢山ある人は、それを円やユーロなど他の通貨にしておいたほうがリスクヘッジにはなるかもしれませんね。
オンラインカジノもアメリカ中心の世界から、ヨーロッパとアジアの時代に移行しつつありますが、あらゆる分野でそのような流れが加速化していくのでしょうか?それとも、ブッシュ大統領の後の新大統領のもと、通貨も含めて力を取り戻すのでしょうか。
関連記事
中国シフトが進むオンラインカジノ (2007年11月26日)
GIGSE2007に見るヨーロッパ台頭 (2007年06月15日)
お気に入りの現金化方法は?



Comments are closed.

コメント

「円高ドル安とオンラインカジノ」へのコメントはまだありません。

「円高ドル安とオンラインカジノ」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)